2010年 09月 27日

ばくめし! ばくだん揚げ

レンタルブックで借りた本がレシピ元で 今は返却してしまっているので
資料が無い。なのでおぼろげに覚えている調理法で作ってみた一品。
これは「ばくめし!」というコミックの中に出てきた料理。材料が少なく
調理も簡単だったので 記憶に残っていたモノ。

ばくめし!のストーリーはというと ザ・シェフや そばもん みたいな
流れの料理人が フラッと旅して出会った人間に料理を振舞ったり 時に
対決したりする という ある意味オッサンマンガ(ビジネスホテルや床屋に
おいてある系)の王道みたいなお話。その中で 主人公が「あの日あの時食べた
名前も分からんあの料理食べたいから 作って」みたいな ムチャ振りをされ(笑
それでもちゃんと作り上げる って話の中に ばくだん揚げなる料理が出てきた。
c0095925_17551145.jpg

別の料理に使おうと買ったタケノコが生協から届いて 偶然にもばくだん揚げに
必要な材料が家に揃ったので 思い出してちょいと作ってみる事に。材料は
前途のタケノコ・鯖の味噌煮缶・それに納豆と薬味。それと油と衣。
c0095925_17565443.jpg

缶の魚は汁気を軽く切ってボウルへ。他に刻んだネギ・粗く切ったタケノコも
ボウルに入れ よく混ぜた納豆もそこへ加える。これを手でグネグネと混ぜ
あとは形を丸くし 衣をまとわせて揚げるだけ。でもたったこれだけの作業
なのに なんでか悪戦苦闘。ツルツルのタケノコと 納豆のぬめりの相乗効果
なのか 形がぜんぜん丸くならない。中につなぎを入れてまとめたいが コミック
のレシピにはつなぎを使ってまとめるとは描いていないので 出来ないのが辛い。
しかも揚げたら揚げたで 弱火にしているのに瞬時に焦げた。極めつけとして 
揚がった後も盛大に崩れやがった(笑
c0095925_1801153.jpg

なんとか丸を保ったのは 一個(笑 あとは皿に移す前の時点で崩壊。
そして見た目がその よろしくない。黒くてまるでタワシみたいな風体・・・。

して味はというと はじめの一口目は美味しかった。でも・・・うん・・・
味噌煮の甘さが強すぎて ちょっと納豆と馴染まないかも。水煮を
使った方が美味しそう。でもシャキシャキしたタケノコの食感が
良いし お酒のおつまみには良さそう。

もうちょっと改良して 次は崩壊させずに作ってみたい。
c0095925_1834026.jpg

[PR]

by rim27 | 2010-09-27 18:03 | マンガ・TV等再現料理


<< 安納芋のトースター焼き      ナッツココア&甘納豆の一口ケーキ >>