めし帳

rim27.exblog.jp
ブログトップ
2011年 06月 25日

点心甘栗のペースト

鶏の詰め物に使った甘栗があったので 何かに使えないだろうかと思い
粒子の粗いペーストを作ってみた。材料はバター・低脂肪牛乳・砂糖・
それと 包丁で細かく刻んだたっぷりの甘栗。
c0095925_7152068.jpg

甘栗は出来るだけ細かく刻んでおく。あとでフードプロセッサーにかける
場合はここまでしなくてもOK。刻んだ栗は小鍋に入れ 低脂肪牛乳を注ぎ
ゆっくりと火にかける。温まったらバターと砂糖をお好みの量加え 牛乳
が煮詰まるまで底を焦がさないようにぐるぐる。
c0095925_7181116.jpg

煮詰まってくると色が濃くなりネッチョシしてくるので そうなって
きたら お玉を握り締めて力を入れて練る。イメージとしてはそばがきを
作る時のような感じ。でもこれでも粒は粗いままなので 滑らか食感に
したい場合は 水分が飛んだらさらにフードプロセッサーにかけると〇。
c0095925_7201484.jpg

こちらは栗のツブツブを感じる状態。あまり砕いてしまうよりも ツブツブ
のが美味しいかなと思ったので これで出来上がり。砂糖は私は太り過ぎ
なので控え目にしたが 多く入れた方が美味しいみたい。
c0095925_7235478.jpg

ホットケーキミックスを水で練った生地に包んで蒸せば 甘栗まんじゅう。
c0095925_724318.jpg

朝メシのトーストに乗っけて食べても ウマシ。

ときに昨日は久しぶりに胸焼けのビッグウェーブがやってきて 死んだ。
鶏の焼いたものは四分の一 中の詰め物は食べずご飯も食べなかったが
それでも夜寝るまでムカムカ。お風呂上りに床に伏せりながら
「今日も気持ち悪いよ」と夫にボヤいたら 夫は「鶏食べるからなったん
じゃないの?」と返してきた。「う・・・うん。それもそうだね。でも
せっかく作ったものだし今日は他に食べるもの無かったから」と言うと
夫は更に「油が多いからね これ。量取らないとか言ってても油凄い
取ってるんじゃないの」とまた返す。サーセンそっすね と思いながら
「そ そうだね。でも自分で一応量は確認したんだけどなぁ。骨付き
だから 骨を抜いた分の量考慮してさ」と言うと 今度はニヤニヤし
「鶏の骨ってさぁ 凄く軽いの知ってる?」とか言う。

つまりは 「食いすぎてんだよブタ」と言いたいわけだな。と思い
次に私が返した言葉は「何が言いたいねんワレ」だった(笑
鶏に限らずただの白米でも生きたカエルでも(まだ試してないが・・・)
何食うてもなるんじゃボケ ともついでに言ってしまった。

鶏食べて ボヤいても治るわけでないのにボヤく私がそもそも悪いんだが
ハンバーガー十個食べようが胸焼けなんて絶対にならない夫に 擬似的に
胸焼けつわりを経験させる装置を取り付けてやりたい。夫の言葉はたまに
(というかしょっちゅう)人の心への配慮が無い。先日も水入らずの寝る前
のお茶の時間に ほのぼのとした雰囲気の中で私が

「胎動って男の人も手をかざせば感じられるけど お腹の中からはどんな
風に感じてるのか そっちの感覚も知ってみたいとか思ったりする?」

と ふと聞いてみた。それに夫は即答。

「あ それはいいわ。いらない」

なぜかと聞くとまた即答。

「お腹にいるなら 産む時の地獄の痛みまで感じないといけないからいやだ。
あとずっと気持ち悪いのも耐えられない」

・・・・・・・・。

その地獄の痛みをこちとらイヤでも感じないとならないってのに その言葉は
無かろう。お前も蝋人形にしてやろうか腹かっさばいて
「ホラこんな痛みだよ」と味わわせてやろうか。

こっちも妊娠中で不安定だからいちいちイラつくのかも知れないが
「食うなブタ」や「お前と入れ替わるのはまっぴらゴメン」などと言われて
良い気分はしない。しないどころか 分娩疑似装置でもあったら夫を縛って
座らせて 男なら死ぬという痛みを同時に味わわせてやりたい。
[PR]

by rim27 | 2011-06-25 07:43 | 菓子・デザート・パン


<< すしえもん      丸鶏の中華風マリネロースト >>