2012年 05月 01日

真珠の缶詰

通路もすれ違えないほどに混んでいる店内&足が攣ってしばらく歩けない の両方に
苛まれ ほとんど見る事が出来なかった土産物だったが 夫が唯一買ってくれた缶詰と
SAにトイレ休憩に寄った時夫が所望したので購入した ままどおるはある。真珠の缶
はネット通販などでもよく見かけていたが その時から気になっていた。でも今回買った
のは単体で 真珠を収める事の出来るネックレスパーツは付いていないので 保管が
少し大変かも。
c0095925_0205168.jpg

帰宅して赤子のミルクを終えたあと 夫と二人でままどおる齧ってお茶して その後に
缶を開けてみた。ままどおるは 夫の親戚のいる福島銘菓で 幼い頃から食べている
好物だという。確かにコレ 中のあんがなめらかで 凄く美味しい。大洗市の名物では
ないけれど ほど近い福島や その他の東北地方の名産品も一緒にSAに売られていた。
でもよく見ると 私の絶賛横浜ハーバーとか 東京のバームクーヘンとかも売っていた。
関東地方の味大集合。
c0095925_0252862.jpg

缶の全貌はツナ缶と同じくらいで 恐らくアルコールが封入されており その中に貝が
一個浮かんでいる。開けるとほんのり妙なニオイ。こういう発掘キット系のお土産って
そういえば随分前からどこかに寄っては買っている。探す楽しみもあるし その後は
ケースに日付を書いて コレクションする楽しみもあって 大好き。
c0095925_027731.jpg

貝の口は意外と頑丈。薄く鋭利なので ちょっと滑ると手を切りそう。でも無事にOPEN。
中から出てきたのは パープルの真珠。わぁ♪この瞬間がなんとも楽しい。ちなみに
この貝は 液も身も殻も 捨てませう。決して食っちゃいけません。
c0095925_0293953.jpg

綺麗 だけど長く貝の中にあったので 少々ワケのわからん匂いがついてる(笑 なので
水でよく洗って拭いて 手持ちのケースに入れてみた。そのうちなんかアクセサリーに
加工できるといいんだけど。と こんな事やっていたら 米が炊きあがった。この米は赤子
用のモノ。我が家は大人の食べる分の米と 赤子の米は分けて買っており 赤子の米は
ブランドもので 3kgでウン千円。対して大人の米は 地元(夫の実家の親戚)が作った
検査に回っているかどうか怪しい米。個人で作っており 流通用ではないので そのへん
がフガフガしている。親戚だからといっても甘くなく 容赦ない値段を払っている。だが 
別に得でもなんでもないので ならば他の産地の米を買いたい。そうは思っても 毎年「おう
米買えコラ」的に来ると 断れずに今に至る。ジャイアン米(まい)である。赤子の米を炊く水
は ミネラルウォーター。対して大人は水道水・・・。家庭内で格差(笑
c0095925_0353846.jpg

米を小分けした後は カレイの身を煮た。買ったのは米国産カレイで おろされて骨も
除去してあるモノ。離乳食を作るには最適で 助かる。そいつを包丁で細かく刻み
ミネラルウォーターと和風ダシで 更に粒が小さくなるまで煮込んで タッパーに移して
完成。一尾分の身で 三回のトッピングになった。案外分けるとちょびっとしかない。
これをお粥を作った時トッピングにし 白身魚のダシ煮入り粥 を作る予定。
[PR]

by rim27 | 2012-05-01 00:42 | 市販お菓子・その他色々


<< 春巻き      大洗で遊ぶ >>