「ほっ」と。キャンペーン
2014年 09月 30日

嘘喰い 梨のカリ梅乗せ。

最近読んだマンガの中で一番 というか ここ数年読んだ中で一番気に入って
いる作品が 日記にも出しまくっている嘘喰いだ。友人に『ダルくても ラビリンス
編くらいまでは読んで欲しい』と薦められて読みだしたが ダルさなんてゼロ。
プロトポロス編も死ぬほど面白いし。この友人は 私にtwenty-fourとプリズン
ブレイクの面白さも教えてくれた人でもあり この人の薦めに乗ると まず間違い
なく私の趣味嗜好に合う。

んなワケで夢中になって読みまくっている嘘喰いなワケだが 作中にしょっちゅう
出てくる食べ物があり それがカリカリ梅だったり。作中ではカリ梅と称され 何気
なく出ているようで 実は重要なキーアイテムだったりもする。主人公獏さんがカリ
梅を食べる時は決まっており それは勝負に勝つ確信が持てた時。だからこそ
もう どうにも挽回出来なさそうなピンチが描かれている時なんかに カリ梅が出て
くると この後どうやって勝つねん感が半端なくなり 読み手も超燃える(笑 ついで
に獏さんイケメンなので カリ梅の袋の破り方が毎度かっこいい。

で この再現料理とも言えない簡単な一品は 戦いが済んでベッドで眠る梶ちゃん
の為に獏さんが作って薦めてくれたモノ。梨もカリ梅も好きだけど 合わせるって
どうなの・・・と思った記憶がある。そして今日 カリ梅食べたいなぁ と思い一袋
買って 家に貰い物で梨があったので あ じゃあ試す ってなノリで作ってみた。
c0095925_2355938.jpg

結果としては 梶ちゃんは「あ なんかウマイ」とか言っていたが 私的にはたいして
ウマくはなかった。というか梨と梅 合うような合わないような なんか不思議な味。
でも食べられないって程でも無い。非常にどっちつかずな感想だが(笑

作っている最中 赤子が駆け寄ってきて「あ さくらんぼ!」と勘違いしたので 慌てて
違うと忠告し 普通に梨だけを剥いたものを渡した。甘いと思って食べた幼児が 泣く
のは容易に想像がつくので(笑 こちらで回避。

どちらも手に入れやすかったり 家に同時にあったりが多い素材なので あったら
作って食べてみてもいいかもよ。といった味のモノかな。ちなみに下のマンガの絵は
人物全部モデル無しで適当に描いたが その割には似ているので 一人ニヤッと
してしまった。特に先代お屋形様が気に入り。キャラそのものなら 門倉さんと伽羅
さんが気に入り。私はひょろくてチャラい男が大嫌いなので 門倉さんや伽羅さんの
ような 男らしいライオンみたいなキャラは 萌え萌えになる。

にしても・・・あれだけ複雑な話を原作を付けずに考え 絵もあれだけ緻密で綺麗で
休載もせず週刊連載って 作者は凄過ぎる。などと 残りのカリ梅を齧りながら思う。
こんなに面白いのに 知名度がグールとかより無いのも惜しい。実に。
c0095925_23153237.jpg

[PR]

by rim27 | 2014-09-30 01:55 | マンガ・TV等再現料理


<< 牛肉の塩麹ポトフ。      美味しい味噌と 貴族ヒヨコ。 >>