カテゴリ:戦闘糧食・レーション博物館( 23 )


2014年 04月 04日

自衛隊戦闘糧食 2008年採用Ⅱ型チキントマト煮

超久々の更新になる レーション博物館。今回またも貴重な自衛隊糧食を入手する事が
出来たので さっそく試食してみる事に。もうすでにけっこう年月が経っているのでウカウカ
しているとホントに観賞用になってしまう。。。
c0095925_13452939.jpg

んで 今回わが家に来たのは 改良版Ⅱ型の中の『チキンのトマト煮』献立。内容はご飯
が二個にメインのトマト煮レトルトが一個 コーンスープが一個というセット。和食も中華も
全体的にクオリティが高かったので 洋食メニューも期待が高まる。ちなみに今回ご飯は
二個温めてしまうと量が凄い事になるので 一個だけ加熱してみた。
c0095925_13335711.jpg

して これが全貌。見た目は普通に美味しそう。これで小さいガラス容器に入れたサラダ
でも加えたら 立派な洋食メニューのセットになるのでは。そして肝心のお味の方は・・・
c0095925_13344047.jpg

タマネギがガンガン煮込まれているので チビッとおっかなびっくり食べてみる(笑 あ・・・
なんだかそんなにギャー!とはならない。トマトの甘酸っぱい香りが強いから。トマトも
苦手ではあるのだけど なんだかこのメニューのトマトはどことなくフルーツっぽい印象。
なので多少苦手でも食べやすい。ただ全部は食べられないので 大部分は夫にあげて
しまったが。鶏肉は添えられたプラ製フォークでも簡単にほぐれる。でも食感はやっぱり
少し硬いかな。レーションの煮込み料理の肉全般に言えるけど 肉はどうしても繊維の
硬さが残ってしまうみたい。だけど小さくほぐしてご飯に混ぜたら全然イケる。そして毎度
褒めているけどやっぱり野菜の食感が凄く良い。これだけ圧かけて煮込んでいるのに 
形がコロンと残っているってのがスゴイ。そしていつも引き合いに出して悪いが(笑 MRE
が悲惨なだけに余計に 日本の糧食が良く思える。

あくまで噂の域だが MREは美味しく作ると食べ過ぎてしまうので わざと味を良くせずに
作っているとか。でも同じ糧食でも日本やフランスはそこそこ美味しいわけなので アメリカ
の隊員さんは上司にもっと「他は美味しいじゃん!」と泣き付いてもいいと思う。
c0095925_13354139.jpg

チキントマト煮のセットに話を戻すと 添えられたこのコーンスープの味の良さに 思わず
ビックリ。袋を開ける前は スープの粉末が入っているのかと思っていたが ちゃんとした
レトルトパックが入っていたので意外だった。そしてこの味の良い事!クルトン浮かべて
カップに注いで「本日のポタージュです」とか言って店で出されたら 疑いなく食べてしまう
くらい お品の良い味がする。コクがあって甘くて 素晴らしい。

ただね。うーん・・・・

このセットでパックご飯二個食べるのは キツくないかなぁ。一個はご飯で もう一個は
クラッカーとかでも良いかも。それに伴ってスープのカロリーを落としてコンソメとかに替えて
代わりにジャムを付けるとか。じゃないとけっこうな量のメシに対して オカズ少ないヨ(笑

でもやっぱり 味はそこそこ良い。日本はやっぱり何を作っても上手だと思わされる。それと
共に これを食べ日々大変な訓練や有事の時の活動を行う隊員の方に 改めて感謝。
[PR]

by rim27 | 2014-04-04 13:45 | 戦闘糧食・レーション博物館
2011年 02月 27日

災害備蓄用缶入りパン 黒豆&美味しい防災食ラーメン 醤油

長期保存可能という点で 親戚としてレーションカテゴリに記載している
非常食。今回は知り合いの好意で缶入りパンとラーメンを頂く事が
出来た。このラーメンはなんでも生麺のような食感が評判らしいので
期待が高まる。缶入りパンの方も 以前駐屯地で夫がお土産で買ってきた
オレンジピールのパンが非常に美味だった事もあるので 同じく期待大。
c0095925_1227363.jpg

今回喫食したのは黒豆入りパンとラーメンのみだが 頂いた中には
クラッカー・ミニビスケット・キャラメル味パンなども入っていた。
こちらもそのうち試してみるつもり。で だ。非常食の利点は文字通り
長期保存が出来る所にあるのだが・・・それはつまり 裏を返すと
“保存が可能に出来る為の 添加物イパーイ”って意味にもなる。
これは当然の事であり かといって栄養ゼロというわけでもなく
非常時下に命をつなぐ緊急食ながらも 栄養にも配慮されているもの
が多い。けれどそりゃあ取れたてトマトや自家製パンに比べたら
添加物の多さは否めないという事なので 現在腹に子のいる私には
あまり向いていない。よって 喫食役は夫になってもらった。
c0095925_12321730.jpg

災害備蓄用缶入りパン 黒豆は五年間の保存が可能。あすなろパン
という障害者施設のメンバーが制作している一品。缶を開けると
マフィンのようなパンが二個入っている。
c0095925_12342764.jpg

夫は以前 仕事でこのパンを試食する機会があったそうで味をすでに
知っており「これ美味しくてね 一緒に食べた人達からも評判良かった」
と言っていた。私もちょっくら味見してみると・・・やっぱり凄いヨ
日本の非常食!!ふっくら甘味のついたパン生地の味がとにかく
素晴らしくて 黒豆のホクホクした食感が良いアクセント。普通に
お菓子として食べられてしまう。もちろん非常時の栄養補給としても
最適。何度も言うけど アメリカのMRE作ってる会社に これ売って
みたらどうかね。缶入りの分かさばってしまうけれど 絶対に絶対に
あのモッサリMREパンよりもこっちのが兵士のテンション落ちずに
美味しい食事になるって。
c0095925_1238974.jpg

で 続いて美味しい防災食ラーメン 醤油の方も作ってみた。
袋の中にはシール・フォーク・かやく・スープが入っており
全て取り除くと麺のみが残る。作り方は基本普通のラーメンと
同じだが スープの袋を開けると すでに香りが良い事が分かる。
だって猫も寄せ付けるほどの美味しい匂いなのだ(笑
c0095925_1241571.jpg

付属の紙の台紙に袋を入れ かやくとスープを入れた袋に熱湯を
注いで 4分待てば完成。食器がいらないという点でも優れて
いるし これもMREに売ってみてはどうかね。ヌードルなら
今やアメリカの人だって食べ慣れているだろうし 麺を短く
すればいいだけだ。絶対に保存料の匂いついちゃって 毛糸みたく
なっちゃったミートソースより こっちのがうまいって。
c0095925_12443041.jpg

でね 出来上がったラーメンは本気でうまいのね。なにより
麺がもの凄い。そんじょそこらの安売りインスタントの比じゃない
食感と喉ごしの良さ。スープもクセの無い鶏だし味のあっさり
タイプで ホントにうまい。この麺はUUU(ウルトラアンチエイジング)
という製法らしい。ただ惜しむらくは スープと麺の絡み・・・。

とても残念なのだが ツルっとした表面の麺に あっさり薄めの
スープが全く絡まないのだ。なので麺は麺の味しか感じられない。
そこでスープを一緒に飲もうとしても 硬い椀と違って口に運ぶ
のに往生する。ヘタに傾けるとザッサーとひっかぶってしまい
兼ねないし(笑 その点チキンラーメンタイプの揚げ麺は 麺自体
にスープを染み込ませる事が出来るからいい。

ただ これだけの質のラーメンを“非常時下”において熱湯さえ
あれば食べる事が出来るのだから 文句はつけてはいけないのかも。
それを考えると本当に素晴らしいので。ちなみにお値段も ちょい高めの一個
約400円 が 保存期間や味を考慮すればこのくらいになって当然だ。

しつこいようだが 日本の製品を他国のレーションに取り入れたら絶対に
受けると思う。

朝食:長期保存プレーン味パン一缶・オイルサーディン缶・紅茶
   缶入りフルーツカクテル

昼食:缶入りチーズ・長期保存オレンジピールパン一缶・ジャム・
   缶入りアスパラガス・非常食ヌードル(チキンクリームスープ)

夕食:ビーフシチューパック・クラッカー・桜桃シロップ漬一缶・
   缶入りツナサラダ

間食:エネルギーバー一本・キャンディ五個・粉末ジュース

ビーフシチューは駐屯地土産のもので 缶入りパンも日本のもの
ヌードルももちろん日本のもの。こんなんなら たいがいの国のレーションに
出来るんでないか。私がそのテにツテのある人物だったら オバマ氏あたりに
「こんなんどうよ」と電話の一本でも入れてから ダンボールに詰めて
ホワイトハウスに送りたい(笑

中に手紙を一枚 “美味しかったら買ってね(はぁと”と添えて。
[PR]

by rim27 | 2011-02-27 13:08 | 戦闘糧食・レーション博物館
2011年 01月 27日

MRE peanut butter

MREレーション メニュー:パスタアルフレッドソース
我が家の冷蔵庫に もう何年も入れっぱなしにされているあるモノが一つ。冷蔵庫の
中身を整理する度に「あ~これ捨てようか どうしようかな。でも手に入れにくいもの
だから捨てたらもったいないのかな」と迷われ 結局その度にまた定位置に戻され
早や6年くらい経過。それは何かというと コレ。MREの peanut butter・・・
c0095925_952462.jpg

粉まみれとなって2011年にようやく冷蔵庫のポケットから 下界に生還(笑
数年前から戦闘糧食に興味を持ちだし その収集の手始めとしてアメリカ軍の
MREを入手した時に レーションパックに入ってやってきたシロモノ。

ここで「MRE?糧食?レーション???」となる方の為にご説明。
レーションとは 簡単に言うと各国の軍が隊員に支給する食糧パックの事。
激しい訓練又は実戦中に食べる事を想定し 出来るだけ軽量・機能充実をさせた
一食分がパッキングされており 時には飲めない程汚れた水しか手に入らない
場所でも食べられるよう 水洗浄剤タブレットを付けていたり 寒い場所で
脂の固まったメインディッシュを食べなくて済むように 簡易ヒーターを付けて
いたりと工夫も見られ 調べていくとなかなか面白いものなのでありマス。
それから各国 特色のある料理が入っているのも特徴です。

フランス軍→さすが美食の国 糧食のレベルも最高。缶入りシチューは絶品。

韓国軍→フリーズドライの美味しいビビンバなど。

ウクライナ軍→郷土料理カーシャの缶詰など。

フィンランド軍→寒冷地でのカロリー補給は 甘いお菓子と甘い飲み物中心。

イギリス軍→紅茶はレーションのものだってレベル高。香り高い一品が付属。

日本軍→煮物の味は素晴らしい!和食だけでなく 中華や洋食もアリ。

と こんな具合。そんなレーションの中の アメリカ軍MREにこの件のピーナツ
バターはオマケされている。数年前食べた時の感想は 甘さが市販のものより極度に
抑えられており ザラッとした食感だなぁ・・・だった。
c0095925_1063785.jpg

時を超えもう一度味わうその味は・・・やっぱり同じ。これは経年劣化のせいも
あるけど すっかり分離してしまっているし 食感は更に落ちてる。けれど以前に
食べた時より まずく感じない。ほのかな甘みがあって ピーナツの風味も良く
残っていて なんだか妙に美味しいゾ。クラッカーなどにつければ まだまだ全然
イケそう。が 腹にもう一人いる身なので あまり月日の経ったものを食べるって
行為は良くなかろうと思い ペロリと小指の先につけて舐めただけで終了する事に。
腹のやや子に 「何食うてんねんオカン」と思われてもかなわんので。
c0095925_1092567.jpg

比較的新しいと中身はこんな感じ。食感も一層滑らか。(2006年時のモノ)
ピーナツバターを発掘したせいで レーション収集に再び火が付きそうになって
しまったが なにしろレーションというのは どんな環境下でも劣化させない事や
長期保存を目的としている為に 添加物や保存料は市販のものより多量に使われている。
緊急時の栄養補給としては優れていても連食するのにはあまり適さないし 体が万全で
ない時は望ましくないので残念だけど 今はやめておこうカナ・・・。 
[PR]

by rim27 | 2011-01-27 10:15 | 戦闘糧食・レーション博物館
2010年 09月 19日

自衛隊戦闘糧食Ⅱ型 肉団子・中華チャーハン

Ⅱ型パック実食分は残るとこ この肉団子とチキンのトマト煮のみ。
和食メニューが多い中で 残りの二品は中華と洋食なので 期待が
ちょっと高まる。でもって本日喫食したのは 中華メニューの方。
c0095925_21355684.jpg

内容は 肉団子と中華チャーハンだそうで。どっちもタマネギが使われている
予感がしたので 加熱は私がしたが やっぱり喫食は夫に依頼する事に・・・。
c0095925_21371296.jpg

中はこんな感じ。ご飯パック二個ともチャーハンかと思ったら 一個は
通常の白ご飯だった。予算というか 使う材料費の問題かな?
・・・ところでこのご飯パック ほんと~~~に開けにくいので なんとか
ならんものだろうか。突破口がビッチリくっつき過ぎていて 包丁で切れ込み
入れないと全く開かない。訓練中もナイフとか使わないと開かないだろうし
けっこう不便な気がするんだけど。
c0095925_21394674.jpg

と ご飯パックに文句をつけつつも 加熱が終わり盛り付けも完了。
本日はいつも使うプレートに別の料理を盛って使用中だったので
普通の食器を使用。団子は全量。ご飯は半分ほど盛っている。

で 以下夫の味の感想↓

チャーハンは油の匂いはきついけど ややパサッとした食感。でも味は
凄く美味しい。スープで炊き込まれて味がしっかりついている。
肉団子も中華風のトロミと味つけで 美味しい。こちらはパサついておらず
しっとり食感。浸っている汁もご飯に掛けて食べられそう。

だそうだ。同じご飯×2とオカズ一品 という構成でも このメニューならば
食べやすいと思う。肉団子を白ご飯で食べ もう一個のチャーハンはそのまま
食べられるので 味が単調にならないのがイイ。全部味つきご飯を一個プラス
すればいいのにナァ。しかし味の方は中華風のものも ハイクオリティ。
これは残る洋風メニューも かなり期待出来そう。
[PR]

by rim27 | 2010-09-19 21:47 | 戦闘糧食・レーション博物館
2010年 09月 18日

自衛隊戦闘糧食Ⅱ型 いわし野菜煮

自衛隊戦闘糧食Ⅱ型 とり野菜煮・炭焼きチキン・白米パック×2
随分前にもらっておきながら すっかり食べるのを忘れていたコレ。
貴重な品ゆえ 食べずに賞味期限を迎えてしまってはもったいない。
c0095925_22362125.jpg

なので見つけ次第 さっそく食べてみる事に。今回のものはⅡ型
パックタイプの“いわし野菜煮”。自衛隊戦闘糧食の和食系メニューは
どれも美味しい事が分かっているので なんだか安心の一品。
c0095925_2238837.jpg

パックの中はメインのパック一つとご飯が二個。アレ?これで一応
一食分のユニット という事なんだけど・・・。副菜が一切無い。品数が
少ない分 調理も簡単。メインパックを湯煎し ご飯を温めるのみ。
c0095925_22403158.jpg

でもってこれが完成図。プレートが小さいので全量は乗せられ
なかったので メインは半分 ご飯も1パックを半分のみ。
ご飯に関しては以前にも食べているし 味は分かっている。
でもっていわし野菜煮の方はというと 匂いが凄く良い♪
ただ見た目がごっつ簡素(笑 で いわし野菜煮の“野菜”部分は
タケノコのみと判明。
c0095925_22444041.jpg

やや寂しい見た目ながらも やっぱり味は凄く良い。タケノコも
ちゃんと食感が残っているし いわしの身も適度に脂があって
かつ柔らかい。でもしょっぱい!ものっすごくしょっぱい!
やっぱり訓練する時に食べるものなので 汗をたくさんかいた分
の塩分の補給という意味でも 味が濃いのかも。

しかし美味しいのはいいんだけど これ一品でご飯2パック
食べきるのは ちょっと厳しくなかんべか。カロリー的には計算
されているし 味がとにかく濃いので 食べきろうと思えば余裕で
食べられそうではある。でもちょっと途中で飽きそう。延々と甘辛味
ばかりが続くのではなく フリーズドライのたまごスープをつけるとか
するといいのでは?容器の問題で無理ならば せめてパックされた
一口分の梅干や刻みたくあんを付けるだけでも 口の中がリセット
されていいかも。

そういえば 各国の糧食が必ずプディングやチョコバー キャンディ
などのデザートを付けているのに対して 自衛隊戦闘糧食には
デザートがつかない。日本料理がもともと砂糖を加えた 甘い味にする
調理が多いから必要がないのかも知れないけど つけてみても
いいんじゃないカナ。大昔は まりも羊羹などもついていた時期もあった
ようだけど 密封パックの一口羊羹とか 今復活させてもいい気がする。

なーんて・・・私があれこれ言う立場には 100%無いケドネ(笑 

 
[PR]

by rim27 | 2010-09-18 22:56 | 戦闘糧食・レーション博物館
2010年 07月 29日

自衛隊戦闘糧食Ⅰ型 ます野菜煮・とり飯

自衛隊戦闘糧食Ⅰ型 鶏もつ野菜煮・赤飯
Ⅰ型(缶タイプ)レーション数個と Ⅱ型(パックタイプ)を新たに入手したので
少しずつUP。本日食べたのはます野菜煮と とり飯。ユニットの組み合わせは
これにたくあん漬が付いて一食分。(たくあんは今回付属せず)
c0095925_134758.jpg

この ます野菜煮 すごく食べてみたかったのでウレシイ♪♪とり飯も
機会があったら食べてみたい と思っていたものではあるのだが・・・
原材料を見てガックシ。タマネギって・・・orz 仕方が無いので 
とり飯は夫に味を見てもらう事にし まずはいつもの通り湯煎作業。
c0095925_1355926.jpg

湯煎の最中に 手に入れた他の糧食をチェックしてみた。今回他に
入手したのは チキントマト煮+コーンスープ いわし野菜煮+白飯
五目チャーハン+白飯+肉団子など。いずれもⅡ型のモノ。一食分に
主食のご飯は2パック付いて だいたい930~1200カロリー程。
テレビで海上自衛隊の食堂の取材を放送していた時 隊員の方が確か
「一日3000カロリーほど摂取します」と言っていた。なるほど レーションも
朝昼晩 で同じくらい取れるように出来てるのネ。当然激しい訓練もしていない
私が同じだけ食べたら ただ肥えるだけだが・・・(笑
c0095925_13131920.jpg

で 湯煎終了。缶を開けると立ち上る物凄いタマネギ臭・・・ぐはっっ!
でも見た目はとても美味しそう。細かくなった鶏肉がけっこう入っており
薄く味付けされた茶色ご飯も なかなか食欲をそそる。
c0095925_13151854.jpg

こちらは ます野菜煮。コンブのくるくる加減がカワイイ(笑 野菜はコンブの
他にタケノコと人参入り。いつもながら 自衛隊戦闘糧食の煮物は 形が
綺麗で素晴らしい。某レーションと比べてばかりで悪いが(笑 あちらは
原型留めてないほど煮まくられ ほぼ離乳食になっちゃってるもの・・・
c0095925_13185167.jpg

缶内の半量を盛り付けすると こんな感じ。このユニットの組み合わせには
たくあん漬も付属するので(入手した中には入っていなかったが)
市販品のたくあんをオマケ。Ⅰ型のたくあん缶は薄切りされてない塊が
ゴロンと入っているので 今日はそれにならって大振りにカット。
c0095925_13212662.jpg

まずはとり飯から(夫が)喫食。夫いわく タマネギは形がほとんど無いし
味もあまりしない。鶏肉はちょっと硬いカナ?でも薄味で美味しい。 
オカズと一緒に食べると どんどん食べ進められる。んだそうだ。
c0095925_13234830.jpg

お次はます野菜煮。こちらは私も喫食。鶏もつ野菜煮よりも 煮汁が少なく
ますの身は脂肪が無く非常にあっさり。でも煮汁も脂肪も無いのに 
ますがパサパサしていないのが凄い。しっとりしてとても美味しいのダ。
でもって 相変わらず野菜の美味しい事!タケノコのシャキッとした食感は
缶詰とはとても思えない。ひとつ気になったのは 鶏もつ野菜煮や
鶏肉野菜煮などの 他のⅠ型缶の煮物シリーズに比べて かなり味が
薄めなのだ。素材が魚だからかな??コレだけ極度に塩気が抑えられて
いるのはなぜなのだろう・・・。無論 訓練時に食べる食事ではなく 普段の
食事として食べるものとしては ちょうど良い塩分なのだが。

にしてもやっぱり 自衛隊戦闘糧食にハズレはナシ。特に和食のメニューの
味は 定食屋さんについてくるような品と遜色が無い。レーションといえば
イギリス軍のビスケットと粉末ティー フランス軍のシチュー缶 ドイツ軍の
アルミパックのソーセージなどは絶品の美味しさと言われているが 
我が国の自衛隊戦闘糧食が誇れる一品は 煮物類だと思う。

番外というか 例外ではあるが・・・各国の美味しいと称されるレーション
にも興味があるが ウクライナ軍の“謎の肉缶”にもちょっと興味津々。
書籍によると ウクライナ軍は肉缶三個・パン・お茶。というものっすごい
簡素なユニットで 肉缶は 豚肉ミンチと脂肪粒・・・だけがデカイ缶に延々
ギッチリ詰まっているそうな。入手困難だろうけど いつかトライしたい。
[PR]

by rim27 | 2010-07-29 13:39 | 戦闘糧食・レーション博物館
2010年 06月 19日

番外 アルファ化米わかめご飯・五目ご飯

戦闘糧食ではなく非常食だが アルファ化米の紹介という事で
こちらのカテゴリに記載 本日喫食したのはパック入りの
アルファ化米が二種 わかめご飯と五目ご飯
c0095925_11314843.jpg

1パックには260gのご飯が入っている お茶碗でいうと大盛り
成人男性でも ちょっと大食の人が一回に食べるくらいの量
c0095925_11333120.jpg

パックの中にはミニスプーンと乾燥剤が入っている 調理前の米の
見た目は まるで戦国時代の乾飯(ほしいい)のよう それもそのはずで
アルファ化米はまさしく乾飯と同じものらしい ここでそのアルファ化米とは
なんぞや という事を簡単に説明 ようはデンプンを加熱して糊化させた状態を
乾燥したものの事を言うらしい 人間は本来 生のじゃがいもや小麦粉を食べると
お腹を壊してしまうように デンプンを生のまま食べても消化が出来ない生き物
そこで消化に適した状態で保存の効くものにしたのが アルファ化米という事
なのだそうだ しかしこれが大昔からすでにあるとは 人間の英知は凄い
昔の食べ方といえば 乾飯を湯で戻し 兜に湯と荷縄を切ったものを入れ
煮立てた味噌汁(荷縄は里芋の茎に味噌を染ませたモノで 食べられる)
とともに食べる ってイメージがある 
c0095925_11393627.jpg

で 2010年の乾飯はというと・・・お湯160ccを注ぎ入れ 20分~30分
待つだけ 冬季はもう少し長く置く必要があるらしい 水分を入れると
まるで服にくっついて乾燥しきった米粒(笑 のようなアルファ化米が
たちまち吸水してふっくらし始める おお凄い
c0095925_1144418.jpg

週末の朝はロクなものが冷蔵庫に無いのだが わかめご飯のみでは
寂しいので 野菜水煮をだしと醤油で煮た けんちん汁をオマケしてみた
ついでに食後にゼリーもつけて 本日の朝餉の完成
c0095925_11451882.jpg

味はというと・・・ お米の味が 炊いただけのものと変わらない味と質で
ビックリ!全く水分が無くカチカチ パックを振るとザラザラ音がしていた
米粒が ふっくら柔らかになっており 大変美味しい ただ幾分塩気が
薄いかな?という印象だった 優しい味で オカズと合わせるには丁度良い
260gという量なので食べ出も物凄い 小さい子や小食女性には一回で
食べきるのがちょっと辛いカモ

なんぞと思いながらスプーン突っ込んで食べ進めていたワケだが
底に近づくにつれてガンガンしょっぱくなってきて わかめの量もモッサリ
増えてきた・・・食べる前にしっかり底から掬い上げて 混ぜないといけなかった
のですね ハイ・・・このしょっぱさを全体に混ぜて食べたら なるほど塩気も
良い塩梅に付けられているという事だ シンプルなわかめの香り・ゴマの香り・
お米の甘さ・お塩のしょっぱさのバランスがよく取れている 
c0095925_0435799.jpg

時間差で 遅く起きてきた夫には五目ご飯を作って出してみた
わかめご飯の失敗を踏まえ 今度はお湯を注いだらよくかき混ぜて
しばし置く 一口もらってみると・・・おお!!こちらも美味しい
甘辛く味がついて刻まれた具が ご飯と混ざると大変美味
そしてこちらも炊いたご飯と全く遜色の無い質だった

どちらの味も甲乙付け難しで 凄く良く出来た保存食だ
ただまぁ260g完食した後に ゼリーを食べる余裕は全く無くなったが。。。
普段の倍近くの米 朝っぱらから食っちゃったナァ。。。
[PR]

by rim27 | 2010-06-19 11:52 | 戦闘糧食・レーション博物館
2010年 06月 05日

朝霞駐屯地 あつあつサバイバル弁当ウインナーカレー

缶入りパン・シチュー&ライスに続く 夫のお土産シリーズ
最後はこのあつあつ弁当ウインナーカレー こちらも喫食したのは
私ではなく夫 私は昼間に作ったパンを食べ 夫もこのカレーの他に
パンもつまみ あとは簡単なサラダを付けるのみの夕食となった
c0095925_2374898.jpg

迷彩柄の外箱 実はこれも調理器具の一つとして役に立つので
速攻ゴミ箱にポイ は禁物 こちらもシチュー&ライス同様 ゴハン付き
c0095925_2391220.jpg

中には作り方の説明書が 別途付けられている こちらも発熱剤が
付いており 野外で火気が無くても温かい状態で食べられるタイプ
でもシチュー&ライスと違い 溶剤は入っておらず150ccの水を用意する
c0095925_241470.jpg

中のビニール袋は 一番下にすでに発熱剤がINされていて あとは水を
用意して注ぐだけ ビニール袋を立たせる為に 外箱に再度入れてから
調理する シチュー&ライスの時はすぐに反応が始まったが
こちらは水を注ぎクリップで口を止めても 音がしないし湯気も出ない
あれ??と思いながら飲み物の用意をしていると・・・突然シュゴァァァ!!!!と
えらい音がして 湯気がモウモウ立って反応開始 その音と湯気に
台所の真下を通過中だった飼い猫がビックリしまくっていた(笑
c0095925_244232.jpg

湯気はもの凄く熱いので注意(火傷しそうになりました) 20分ほど待ったら
調理完了 添えられた皿にパックからゴハンとルーを注ぎ入れ 完成
味はというと 夫の感想は・・・
カレールーは甘めかなと思いきや 後から辛さがけっこう来る
可も無く不可も無く ごく普通の味 ウインナーはジューシーじゃないし
モソモソしてて あまり美味しくない・・・んだそうだ
恐らくコレに入ってるウインナーは 自衛隊戦闘糧食Ⅰ型とかの
ウインナー缶とかと同じかな?もしくは市販のウインナー缶のモノかも
缶入りウインナーは 確か鶏肉も一緒にすりつぶしてあるタイプだから
パリッとジューシーじゃ無いんだよね

今回は味見をしなかったが 人参などの野菜が多少溶けずに残り
ウインナーも小さいものが数本ゴロっと入っていて けっこうそれなりに
美味しそうなものだった 何よりお皿が別添えされているのがイイ
パックにスプーン突っ込む食べ方が本来の戦闘糧食スタイルだけど
やっぱり平たいお皿で食べる方が 食べやすいもんナァ。。。
[PR]

by rim27 | 2010-06-05 02:01 | 戦闘糧食・レーション博物館
2010年 05月 28日

自衛隊広報センター シチュー&ライス

自衛隊広報センター  缶入りパン(オレンジ)

夫の研修土産第二弾 シチュー&ライスを本日は喫食・・・といっても
食べたのは私本人ではなく 買った本人の夫の方
夕食は一応作っておいたのだが 今日は帰りが遅くなるそうなので
私だけ取り分けて先に食べ 残りは夫のお弁当のオカズにする事にし
夫にはこのシチュー&ライスを夕食に食べてもらう事と相成った
c0095925_0391622.jpg

外装パッケージはこんな感じ 缶入りパン同様のモノモノしい写真入り
一食分にしては随分重いと感じていたが 裏面を見て納得 これには専用の
発熱剤が同梱されていた 他国のレーションと同じ仕様で 野外など
道具が無い環境でも食べられるものらしい
c0095925_0433832.jpg

中を開けるとこちらが登場 シチューパックと白いごはん
モノモノしい外装写真と違い 中身のパックは字体も色合いも可愛い(笑
c0095925_0451493.jpg

こちらがアクセサリー類 レンゲっぽいスプーンとお手拭も付いている
加熱方法は まず外装パックの写真を外し 底を広げて立たせ
そこに発熱剤を敷く そしてシチューパックとごはんを縦に入れ
最後に溶剤を流し込み しっかりと蓋を閉めて30分待つというもの
c0095925_0475838.jpg

溶剤を入れると 途端にシュゴーーと凄い音を立て 加熱が始まる
かなり熱くなるので 溶けやすい材質のものの上に置いたり
子供の手の届く位置での加熱はご法度 
c0095925_0495850.jpg

加熱が終わったら お皿に移して出来上がり 今日は屋内なので食器を
使ったが 無い場合はごはんパックを開け スプーンでシチューパックから
少しずつ掬い出して ごはんにかけながらの喫食が可能
本日の夫の夕食はこのシチュー&ライスと 大根・水菜・カニカマのサラダ
食後にヨメ製オレンジココアケーキというラインナップ
c0095925_0514878.jpg

調理前はてっきりホワイトシチューかと思っていたが 原材料を見て
初めてブラウンシチューだと気付いた そして袋から空けてみると
見ての通り具が大きくてビックリ 思っていたよりもずっとしっかりとした
ビーフシチューが出てきた 某レーションのイメージだと 肉も野菜も
崩れて原型が無いので こんなちゃんとしたシチューが出てきたのは
嬉しい不意打ちダ(笑

食べた夫の感想はというと・・・ 味がちょっと薄め・肉は脂の多い部分は
柔らかいが 肉部分は繊維が固め 量がやや少なめ だそうだ

味見に少し食べさせてもらった私の感想は・・・ 夫と同じく味がちょい薄め・
野菜の食感は素晴らしい・トマトの甘さが効いていて 出来が良い
といったトコロ 保存食としてこのクオリティならば 文句無しに100点!

というか ワインやトマトで煮込んだシチューというのは どの国の人間の
口にも合いそうなものだし これ・・・MREにも採用してあげたい気がする
ゴロッと大きく食べ応えがあり 食感の良い野菜たっぷりのシチューは
絶対アメリカ人にだって受けが良いと思う
肉やエキスを抜いてベジタリアンやムスリムメニューも作れるだろうし

日本の保存食は本当に高品質と またまた実感
[PR]

by rim27 | 2010-05-28 01:04 | 戦闘糧食・レーション博物館
2010年 05月 25日

自衛隊広報センター  缶入りパン(オレンジ)

頂き物の自衛隊戦闘糧食を全て食べ終えた後 夫の研修土産が家に到着
今回夫が購入したのはパック糧食シチュー&ライスとウインナーカレー 
そして缶入りパンの三種 どれも自衛隊広報センターのみでの販売
(パン等はパッケージを変え 市販品の非常食として流通しているっぽい)
c0095925_16163849.jpg

缶デザインが物々しくてイイ これは男の子とかは喜びそう
缶表記によると これはオレンジ味のモノだそうだ 以前からパンの缶詰は
非常食売り場などで見かけており 気になってはいたものの食べる機会が
無かった どんな味か楽しみ♪
c0095925_16191513.jpg

裏面にも色々書かれている 原材料を見ると・・・長期保存可能だけに
添加物も少々多め それは致し方ないわナ お土産品として販売している
ものなので 支給される缶入り糧食と違い 缶上部はプルトップになっている
本当の糧食は容器が丈夫でなくては意味が無いけど 家庭で食べるモノ
なので 缶きり不要ですぐ食べられる親切仕様
c0095925_16221016.jpg

蓋を開けると 紙に包まれたパン登場 周りの紙を引っ張るとシュポっと
パンが丸ごと抜ける 缶を開けた瞬間から オレンジとバターの香りが
ふわ~~っと漂う コレかなり美味しそう。。。♪
c0095925_16233097.jpg

でもって紙を剥がし フォークでつっついてさっそく喫食 おおっ!!
上部はちょっと固めでデニッシュのような食感 中間はパウンドケーキ
みたいなフワフワの食感で オレンジピールが所々に入っているのが
アクセントになってる すっごい美味しい!!甘くて柔らかくて
出来立てのパンに引けを取らない美味しさ なのに長期保存可能って
凄いなぁ・・・ これ缶から出して輪切りして 可愛い編みカゴとかに入れて
ベーカリーで売ってたら みんな普通に買うと思うヮ

書籍を読んでから興味を持ち始め 自衛隊戦闘糧食やMREレーション
ひいては非常食など数点実際に食べてみたが 今までいくつか食べてみて
思う事は・・・やっぱり日本の技術って凄い MREのブレッドも喫食済みだが
水分は飛びボソボソ 保存料の匂いが染み付き お世辞にも美味しいとは
言えないものだった だけど同じパンでも今日のは しっとりフワフワで
味が良く 保存料の匂いは皆無 パンのみならず 自衛隊戦闘糧食も
日常の食卓としてテーブルに並ぶものを ほぼそのまま長期保存可能に
しているのが凄いというか エライ!こればかりは他国と日本の 食に関する
考え方の違いというのもあるのかな 決してMREを批判しているワケでは
無いケド(MREにも好きなメニューもあるし 笑)

「食えりゃいいんだ食えりゃ」「長期保存できりゃいいんだ できりゃ」って考え
ではなく ちゃんと美味しいものを美味しいままに口へ運ぼう という考えが
日本の非常食や糧食には根付いていると思う
なにしろ美味しいデス どれも☆
[PR]

by rim27 | 2010-05-25 16:34 | 戦闘糧食・レーション博物館