<   2009年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2009年 10月 31日

ゆでたまごとポテトのサラダ

超がつくほどのシンプル だけど美味しいサラダ

じゃがいもは4cm~6cm角に切ってレンジ加熱しておく
加熱している間に たまごを鍋の熱湯に入れてグツグツ・・・
かた茹でのたまごが出来たら 流水の中で殻を剥いて
荒く微塵切りにしてボウルに入れ じゃがいもも加える
フォークで混ぜながらマヨネーズ・塩胡椒・コンソメ少々・無糖ヨーグルト少々
レモン果汁少々・うまみ調味料少々などで味付けし 皿に盛って黒胡椒や
青い野菜で頭のてっぺんを化粧すれば 完成
c0095925_23483019.jpg

パンに乗っけても美味しいし 料理の付け合わせにもヨイヨイ
今回のはじゃがいもを割りとしっかりと潰しているが 潰さないで
ゴロゴロとしたままでもヨイヨイ(全部ゴロゴロだと 白身の微塵切りが少し
ひっつきにくいので 潰したものとそのままのを混ぜて作るとベター)

 
[PR]

by rim27 | 2009-10-31 23:50 | その他洋食
2009年 10月 27日

卵とそぼろのお弁当

炒り卵・鶏のタレ焼き・甘く炒め煮したそぼろを使ったお弁当
交互に具を敷いて 余ったスペースには無理やり野菜と佃煮を配置
c0095925_19533866.jpg

炒り卵は だし汁・砂糖・ちょっとだけ醤油・塩を加えて溶いて作る
鶏のタレ焼きは 焼いた鶏肉に醤油・みりん・砂糖・酒・を加えたタレで焼く
そぼろは 鶏を焼いたタレに生姜をプラスする

炒め過ぎてそぼろがカラッカラになってしもうた・・・でも味は多分
そんなに悪くない
[PR]

by rim27 | 2009-10-27 19:56 | お弁当
2009年 10月 27日

佃煮のようなもの

コレ 実家の母からの貰い物 
電話での話では「佃煮が作れるセット」と聞いていた
c0095925_19403885.jpg

てっきり鍋で煮て作るものなんだと思い込み 家に着き
小鍋で水を煮立てながら袋を取り出してみると・・・

袋の裏っかわには “加熱調理の必要なし 混ぜるだけ”と書かれており
袋の中には味つけのされていない炒り胡麻・煮干・かつおぶし・塩昆布などが
添付されたタレと共に小分けされて入れられていた

佃煮=よく煮込まれて茶色くなって 味の濃いご飯の供
というイメージだったが タレをかけてまぜまぜするだけで出来上がる
佃煮って どうにも想像が付かない が とりあえず不要になった
小鍋の湯をコーヒーに利用する事にし 佃煮の方も調理開始
調理といっても 混ぜる→終わり しか工程がないわけだが(笑)
c0095925_19445344.jpg

でもって調理完了・・・見た目はどうにも佃煮じゃない
肝心な味はというと・・・一瞬甘めのタレのせいで「お!佃煮になってる?」
と思わされたが やっぱり佃煮じゃないなコリャ(煮てないし)

しかし味の方はウマイのだ 佃煮というよりも こういうふりかけと思って
食べる方がいいかも知れない 真っ白いご飯やおかゆに掛けて食べると
食がとても進む 調理が楽で栄養豊富 開封前の保存も利くものなので
一人暮らしの学生さんとかに親が送ったりすると いいかも知れない

・・・はっ!商品名のおふくろさんって そういう意味かも
私自身もおふくろさんから コレ貰ったし
(ならば 学生ならまだしも主婦の身で 親に栄養の心配されて贈られたって
事になるわな・・・笑 orz)
[PR]

by rim27 | 2009-10-27 19:51 | 和風料理
2009年 10月 19日

クイック干し肉

自家製パンチェッタ

西部劇で ウエスタンハットの男どもがバーボン片手に齧る干し肉
もののけ姫で サンがアシタカに分け与える干し肉
サバイバルで サトルが自分で倒した熊や鹿の肉で作る干し肉

映画やマンガの中に登場する干し肉ってヤツは 観ている少年らの
心を「どんな味がするんだろう」と実にくすぐるアイテムである

が 一般的に市販されているジャーキーというモノは
チップでスモークしたベーコンやハムと同じ いわゆる燻製製品
であって 単純な干し肉とは少し違ってたりもする
そして本格的に塊の肉を素人が干し肉にしようとすると
物凄い労力と時間が必要だったりも・・・ そこで 時間を掛けずに
簡単な干し肉 どうにか作れないかなぁと考えて 
“りむ流クイック干し肉”に挑戦

用意するのは脂の少ない赤身モモブロックか ステーキ肉
c0095925_23324857.jpg

それとタイム・ナツメグ・セージ・ブラックペッパーなど お好きなスパイス

まずは肉の脂身を取る作業から開始 脂を取るのは 
脂部分の酸化によって 干し肉の風味が大幅に落ちるのを避ける為
手の雑菌を肉に移さない為にも 透明手袋をつけて行うのがモアベター
薄くそぎ切りに出来たら お次は調味料で味付け
c0095925_23331497.jpg

肉に砂糖・醤油・岩塩・日本酒・スパイスをすり込んで行き 最後に
両手で揉み込む 風味が良くなるように 赤ワインなども加えたい所だが
干し肉には適さないので 使うお酒は料理酒or日本酒が望ましい
あとはお好みでクレイジーソルトにするとか ニンニクを加えてもOK

それを電子レンジにラップをかけずに入れ 一分弱チンする
(チンする工程は本式には無い)
ここまで出来たら キッチンペーパーで軽く表面を拭いて
新しいキッチンペーパーをお皿に敷き 肉を置いて 上にもペーパーを
のっけて冷蔵庫へ入れて寝かせる
本式の場合 塊肉に塩分と味を染みこませたら 一旦塩抜きしてから
熟成に入るのだが 初めから塩分を加減した薄切り肉で
始めているので 塩抜きの工程は無し

あとはうまく肉を乾燥させれば出来上がりとなるのだが
ここからが難しくもある 私の場合 冷蔵庫内での乾燥と扇風機の
併用で キッチンペーパーを時折換えつつ三日~五日間でやってみた

ここで雑菌が繁殖したり 脂が酸化してしまうと失敗となる
湿気を避け 肉の中の水分をうまく取らないと美味しく出来ない
c0095925_23334742.jpg

で クイック干し肉の完成 表面には仕上げにもう一度ブラックペッパーを
振り掛けると一層美味しい 外はカラカラ 中はわずかにしっとり感が
残り 煙で燻さなくても十分良い味に仕上がった
洋酒のみならず ビールや日本の酒にだって合うし オヤツとしても◎
塊肉だと数ヶ月の時間を要するが クイックだと三日~一週間ですぐに
食べられてしまうので せっかちさんにもオススメ
c0095925_23342692.jpg

[PR]

by rim27 | 2009-10-19 23:35 | マンガ・TV等再現料理
2009年 10月 19日

メシやパスタや菓子やいろいろ

ある日の夕食 メインはびんトロたたき
漬けダレを作ってヅケ丼にして食す
c0095925_16424875.jpg

タレはしょうゆ・酒・みりん・ちょっとだけレモンの絞り汁などを
混ぜて作り 十分ほど漬けたら炊きたてご飯にのっけて
好みの薬味(胡麻・紫蘇・刻み海苔・ワサビなど)を振るだけ
びんトロって美味しいなぁ・・・安いのに脂が美味で
臭みが全く無いのが凄い 別に本鮪の大トロ食べなくても
びんトロで全然イイもの

あ 嘘です やっぱり大トロは大トロであれば食いたいワ(笑

でもって別の日は 以前作ったサルシッチャとブロッコリーの
スパゲティが食べたくなったので 夕食をパスタに
c0095925_16452792.jpg

・・・が 以前はネット通販でイタリア食材専門店で買ったサルシッチャを
使ったのだが 今回はスーパーで生ソーセージを探す事になった
でも 無いんだコレが・・・何軒回っても・・・ 食べたい時にモノは無し
のパターンが 私はけっこう多い 仕方なく加熱済のレモン&ハーブの
ソーセージで代用してみたが これがたいして出来上がりがウマクなく
ガックシ 生ソーセージのプリプリした歯ごたえじゃないとナァ

目当ての生ソーセージは入手出来なかったが 代わりに
食べたかった飴ちゃんを発見し 購入
カンロ飴なんて子供の頃以来 もう数十年ぶりに食べるが
以前からずっと思い出しては ああ食べたいなぁと思っていたのに
なかなか売っているのを見かける事無く 食べられなかったシロモノ
c0095925_1650554.jpg

私が「あったー!」と喜んで発見したカンロ飴をカゴに入れている時
隣で夫も飴の袋をひとつ握ってカゴへ入れていた 何かと思って見ると
“純露(じゅんつゆ)” カンロ飴にならぶノスタルジックキャンディのひとつ

分かりやすく言うと 『おばあちゃんの家とか親戚の家に遊びに行くと
出されるお菓子入り鉢の中に 必ず紛れ込んでいた飴シリーズ』
である (余計分かりにくいわ!というツッコミは無しで 笑)

夫は普段 飴なんて全く食べないのだが 見かけてふと食べたくなったらしい
味より懐かしさに浸りたくて買った模様
帰宅して食べてみると。。。カンロ飴は原料がお醤油なので
そのちょっぴり感じるしょっぱさと甘さが めっちゃ濃厚で美味しい♪
純露の方は べっこう飴と紅茶飴の二種入り 特にべっこうの方は
口に入れると なっつかし~~~~い味
でも大人になった今 やっぱり飴って一日一個 もしくは三日に一個が
限界で なかなか食べきれない この二袋が無くなるには相当
時間かかるかも・・・
c0095925_16545346.jpg

あと その買い物帰りに可愛い缶に惹かれ 森永ミルクキャラメルの
ドリンクも購入 液化キャラメルってどんだけ甘いんだろう と
ちょっとおそるおそるの試し飲みとなったが コレが甘いは甘いものの
決してしつこくないので 割りとスルスルと飲めて美味しかった
また見つけたら買う予定
[PR]

by rim27 | 2009-10-19 16:58 | 市販お菓子・その他色々
2009年 10月 06日

華麗なる食卓 伽哩鶏

ついでに華麗なる食卓のメニューを もう一品
こちらは伽哩鶏(ガーリージー)なるモノで
中国風のカレーの作り方らしい
ガネーシャに訪ねてきたマキトの友人 ライアンが
店にイチャモンつけてきたヤーさんに作って差し出したメニュー

特徴は飴色タマネギやトマトピューレなど 日本でポピュラーな
材料を一切使わない事と 素材に油通しをしておく事

本日使った素材はじゃがいも・人参・インゲン・茄子
それと鶏の骨付きブツ切り肉 まずはこれらを油通し
c0095925_23403939.jpg

お次にフライパンにカレー粉を入れ 油を加えて
焦げ付かない程度に炒めていく
香りが出たら鶏ガラスープと共に鍋に入れ 油通ししたじゃがいも
と人参を加えて煮ていく 最後に味を塩などで微調整し 
器に注いでインゲンと茄子を飾って完成
c0095925_23411014.jpg

見た目はまるでスープカレー それもそのハズ
とろみをつける材料も工程もまるで無いワケだし・・・
味の方もカレースープといった所 だけど油で素材の持ち味を
閉じ込めているので 通常のカレーとは違うものの これはこれでウマイ
トーストを浸しながら食べるとオススメ
c0095925_2343504.jpg

[PR]

by rim27 | 2009-10-06 23:44 | マンガ・TV等再現料理
2009年 10月 05日

華麗なる食卓 キーマ・マタール

面白いのでオススメだよ という言葉と共に
華麗なる食卓 という題名のマンガを友人に借りた
内容は隅から隅までカレー・カレー・カレー

詳しく言うと ユイちゃんという高校生の女の子の家に居候する事に
なったマキトが かつてユイちゃんのお父さんの開店していた
カレー店(現在閉店中)を再び開店する というモノ
マキトはかつてユイちゃんのお父さんのカレーを食べて感動し
カレーの世界に足を踏み入れたと いう縁があったらしい
一人暮らしのユイちゃんの家に男が転がり込む というシチュは
・・・なんかその 萌えエロマンガにありがちな展開のようでもあり
絵柄もやや萌え系っぽいので 花輪和一とか新井秀樹などのマンガが
好きな私は ちょっととっつきにくいモノがあった

が!作中に出てくるカレーメニューは文字通り“華麗(カレー)”なもの
ばかりでとても美味しそう てなワケで 今日の晩御飯は我が家もカレーに決定
c0095925_16234321.jpg

今夜のカレーは ひき肉を使ったキーマ・マタール
ベイリーフは家にあったGABANカレースパイスの中のものを使用
唐辛子はいつまでも鍋の中に置いておくと辛さがゴンゴン染みてしまうので
早々に炒めの作業が終わった時点で ご退場頂く事に・・・
c0095925_16261415.jpg

まずはタマネギをベイリーフパウダー・唐辛子を加えたオイルで
炒めていく いい色になったら合挽き肉を投入し
カレー粉を加減しながら数回に分け加えて 肉の色が変わるまで加熱
c0095925_1632756.jpg

火が通ったらお鍋に移し 水・トマトピューレ・グリンピース(無いので枝豆)
を投入し30分煮る 最後に生姜・にんにく・ガラムマサラ・塩を加え
もう一煮立ちさせる ふと見ると 冷蔵庫のポケットに使い切れず残っていた
こくまろカレーのルーがあったので ついでにそいつもエイヤ!と投入し完成
c0095925_16342560.jpg

うーん ちょっとサラサラの食感だが・・・ 欧風カレーではないから
まあこれくらいの水っぽさでいいのカナ ゴハンにかけても美味しいが
トースト・ナン・フォッカチオなどのパン系と食べる方が一層美味しいカモ
作中のレシピでは ヨーグルトを加えてもウマイとあったので
明日はヨーグルトをプラスして 火入れし直して食べてみようカナ♪
c0095925_1638413.jpg

[PR]

by rim27 | 2009-10-05 16:40 | マンガ・TV等再現料理
2009年 10月 03日

ふんわり名人きなこ・チーズもち

あー・・・止まらん あればあるだけ食べてしまう・・・

ふんわり名人の存在 前々からセブンイレブンのレジ横などで
見かけて知ってはいたものの 一度も買った事が無かった
が 夫が偶然チーズもちの方を会社帰りに買って帰宅して
チーズもちの味を知ったのがきっかけで きなこも購入する事になったのだ
c0095925_1445324.jpg

チーズもちを食べた時 思わず口から「ほぁあ~~」と
ブルース・リーのような声が漏れ出してしまった(笑
この美味しさはちょっと感動モノだ
チーズの粉の掛かった外部を歯でちょっと砕くと
真綿のような中身に到達し あっという間に溶けてしまう

きなこの方が粉が若干多めに振られており 甘さだけでなく
塩気もけっこうあるので その絶妙な加減と口溶けが
もうたまらんワケなのだ 美味しいって表現以上のモノが無いのが悔しい

ソムリエがこれを食べて表現したら多分
“口中という草原をかけ抜ける チーズときなこを纏った一陣の風”
とか言うと思う このお菓子はまさしく 一瞬の夢であり風なのだ
・・・とちょっと言語がおかしくなるくらい このお菓子はおいひぃ(笑
[PR]

by rim27 | 2009-10-03 14:46 | 市販お菓子・その他色々