めし帳

rim27.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 06月 ( 65 )   > この月の画像一覧


2010年 06月 30日

ぐりとぐら 絵本風大きなカステラケーキ

台所のシンク下の棚を整理していると セラミック製の容器が出てきた
数ヶ月前購入し 七面鳥のオーブンローストに一回使ったきり 洗って
仕舞い込んだまま全く使っていなかった 使えばけっこう便利な品なので
これからはもっと活躍させようと思い 見やすい場所に移動する事に
ついでにコレを使い 何か今日作ってみようかなと考え・・・思いついたのが一つ
それは『ぐりとぐらの カステラケーキ』 絵本の中では大きな鍋で作っているが
このセラミック容器は底が深いしオーブントースターにも入れられるので
カステラケーキに向いているのではないだろうか

とはいえ 絵本を持っていたのは子供の頃 今は手元に無いし
あっても確か 絵本の中には明確なレシピは載っていなかったように思う
なのでレシピは今回自己流 “中はフワフワでほんのり甘い”を目指して再現
c0095925_12215969.jpg

用意したのは牛乳・卵・油脂・粉・ケーキシロップなど 油脂は
今回はバターではなく 無塩のホイップマーガリンを使用してみた 
突如の思い付きで作り始めたので 手順も材料も本当に適当
ホイップマーガリンは気泡がたくさん入っているので 削ったそばから
溶け とても使いやすい マーガリンというとショートニングの問題や
トランス脂肪酸の問題もあるけど 後者はバターも同じ事が言えるし
大量に取らなければ問題は無いかな。。。 ホイップマーガリンをヘラで少し
練ったら そこにケーキシロップを加えて 白っぽく液状になるまで混ぜていく
分量は今回ほとんど目分量 マーガリンはカレースプーンに軽く一杯
ケーキシロップは粉150gに対して ミックス粉の箱に付いているビニール
のチューブパック一本を使用
c0095925_12282388.jpg

ミックス粉・卵一個・牛乳約140CC程加え 滑らかになるまで混ぜて
生地の完成 セラミック容器が大きいので 今回はこの作業を二回行い
計300gの粉を使用し生地を作った 出来た生地は容器に流し入れ
オーブントースターでじっくり加熱 表面に焼き色がしっかりとついたら
アルミホイルを被せ 更に中心まで熱を加える 途中竹串を刺して
生地が串について来なければ焼き上がり
c0095925_12524410.jpg

プクーっと膨れ上がって まるで焼きたては巨大なスフレのよう
熱々のセラミック容器を濡れタオルや手袋をした手で 注意して移動させ
さっそく焼きたてホヤホヤの表面に スプーンを入れて試食
c0095925_12544035.jpg

焼いたばかりは表面がサクサク 中がふわふわでとてつもない旨さ♪
クリームも飾りのフルーツも無い 素朴極まりない見た目 そして味も
特別なものは何も加えていないので 素材そのままの味 だけど・・・
シロップの甘さと卵の風味が生きた生地は ぐりとぐらに登場する動物
のみならず 人間の舌も喜ぶとっても美味しいオヤツ
c0095925_1258470.jpg

少し熱が冷めたら 動物たちがそう食べたように 手で千切って豪快に
食べるのがオススメ そして焼きたても美味しいけど 切り分けて粗熱を取り
冷蔵庫でしっかり冷やしたものもまた とても美味しい この日はサンドイッチ
一個をお昼ご飯に予定していたのだが カステラケーキを食べる分 
サンドイッチを四分の一の一口サイズに変更し ストレートのホットティーを
つけてのランチとなった お腹も一杯大満足♪♪ 

ぐりとぐらのカステラケーキは 子供の頃から食べてみたかった品 
そして時折絵本を指差して「これ食べたい」と母にねだると オヤツとして
ホットケーキが出てきた そのホットケーキももちろん美味しいものだったが
自分で再現したモノはまた格別 初めて作るのにどこか懐かしく 作る最中も
食べている時も なんだかとてもしみじみとした気分に浸れた。・。・☆
c0095925_1332369.jpg

[PR]

by rim27 | 2010-06-30 13:09 | マンガ・TV等再現料理
2010年 06月 30日

スプーン&フォーク献立 冷やし中華

夫から冷やし中華のリクエストが入った でも・・・箸で掴み上げて食べる麺類は
その腕ではちょっと困難なのでは?? そう思ったが この暑さで何か
さっぱりしたものがどうしても食べたいらしい なのでこの日の夕食は 胡麻入り
醤油味のスープで作る 冷やし中華がメイン 麺には一人前の小麦粉麺に加えて
こんにゃく麺+茹でもやしを混ぜ込みカサ増し こうして食べると麺を山ほど食べ
なくても しっかりお腹がいっぱいになるのでイイ
c0095925_11525551.jpg

乗せた具は 蒸しササミ・ハム・卵・水菜・プチトマトなど パスタのように
スプーンとフォークをつけて出してみた シャバシャバしたタレの絡んだ縮れ麺は
フォークで食べるのは困難だよなぁ と心配しつつ食べる様をチラ見すると・・・
夫はなんとも器用にタレも飛ばさず 口へ運んでいる とりあえず一安心

夕食後の事 ふと思い付いて夫に
「不自由な一ヶ月を過ごしたのだから 完治したらお祝いに好きなもの食べてね」
と言ってみた そして
「何でもいいよ ダイエット始めて私が出さなくなったものとか
カロリー気にして行ってない外食メニューでもいいし 何がいい?」
とも聞いてみた 夫は絶対焼肉!!と叫ぶだろうと思っていたのだが 出た答えは
意外なモノだった そんな夫のリクはうちで作るロールキャベツ・・・

聞いて即行後悔(笑 我が家はロールキャベツというと 私がタマネギ嫌いの為
出来合いのものは買えず 一から手作りせねばならない そしてそれがいつも
面倒で(ついでにキャベツを下茹でして剥がすのもキライ)作る頻度が極めて少ない
メニューになっているのだ 夫を思いやって聞いた質問で こちらが思わぬ打撃を
食らってしまった(笑 でも聞いた以上は作らねば仕方が無い

・・・車で20分のトコには和牛ステーキ専門店 隣町には和牛焼肉専門店
他にも少し遠いがパティが自慢のバーガーショップなど 夫の好物の店は
けっこうあちこちあるのに そして治ったお祝いだっちゅうのに ロールキャベツなんて
しょうもない料理で夫はいいんだろうか・・・まあ ロールキャベツは作るとしても
別にどこかお店予約して サプライズのお祝いをしようカナ
[PR]

by rim27 | 2010-06-30 12:12 | ダイエット経過&料理レシピ
2010年 06月 29日

抹茶と甘栗のパウンドケーキ

前回作ったものは栗が少なかったので 今回は多めに入れて再挑戦
材料はいつものパウンドケーキとほぼ一緒 フレーバーは抹茶で付ける
今回も卵は不使用 栗は一粒丸々・一粒を半分に切ったサイズ・微塵切りと
三種類のサイズで用意し 生地に混ぜ込む
c0095925_13434862.jpg

ミニサイズのケーキ型二個に分けて流し込み 焼き色がつくまでトースターにIN
焼けたら粗熱を取って一個を四つにカット 焼きたての匂いがイイ・・・♪
c0095925_13451382.jpg

一個は完全に冷まし 一切れずつラップにくるんで冷凍保存
今回は栗を100g以上使ったので どこを切っても栗がゴロゴロ 
小さく刻んだ栗も入っているので 齧るごとに栗に当たる
c0095925_13471228.jpg

抹茶を前使っていたメーカーのものから “カテキン茶”という
別メ-カーの商品に変えてみた なので生地が以前と少し違った仕上がり
今度の抹茶は苦味と香りが強め 個人的にはこっちのが好き
栗がホクホク 抹茶生地はしっとりで 上々の出来に満足

でも栗は 甘露煮の方が甘さが強く柔らかいので 一層美味しいかも
今度は甘露煮でやってみようカナ
[PR]

by rim27 | 2010-06-29 13:51 | 菓子・デザート・パン
2010年 06月 29日

ハムチーズサンド・タマゴサンド

本日のお弁当は 久しぶりにサンドイッチ 薄い専用パンの方がよかったのだが
売り場に無かったので 今日はサワーブレッドとダブルソフトを使用

ハムチーズサンドは定番の美味しさ ただ挟むだけなので手間も無し
パンに厚みがあるので 塗るカラシマヨネーズも 今日は少し多め
タマゴサンドはいつもの作り方 茹でた黄身のみ取り出して マヨネーズ・
塩胡椒・スープのモト少量で伸ばしてペーストにし 刻んだ白身を混ぜる
サワーブレッドにロメインレタスとハム一枚と挟んで出来上がり
c0095925_13131377.jpg

付け合せはラディッシュとプチトマト デザートに抹茶と甘栗の
パウンドケーキを一口分 ラップにつつんでオマケ

余った材料で チーズとレタス多めのサンドイッチを一個作った 
コレは私のお昼ごはん チーズサンドは大好物だけど カロリーを気にして
もうかれこれ半年食べていなかった カルシウムも取れるし一個ならいいだろう。。。
久しぶりにバクッと齧りついてやろう ウヒヒ
[PR]

by rim27 | 2010-06-29 13:16 | お弁当
2010年 06月 28日

ラムチョップソテー ブルーベリーソース

いつもは塊を買いローストし ロゼ色の肉を楽しむのが好きなラムチョップ
・・・が 一枚ずつにカットされたものが安く出ていたので 今回試しに
1パック購入してみた 今夜はこいつをソテーし夕食に食べる事に
c0095925_23162460.jpg

手の怪我のせいで 箸で食べ物を掴む動作が困難な夫は 
フォークで刺す・スプーンですくう という動作の方が幾分しやすい
なので食事メニューはここ最近 洋食になりがちな我が家 更にラム肉
ならば 骨を手で掴んで齧れるので食べやすいし パンも手で持って
食べられるので食事が楽だろうと思い このメニューにしたのだが・・・
パックを開けてシートを剥がしてみると 骨が短くカットされていた 
これでは結局ナイフとフォークで食べないとならない 
でも仕方が無いので作業続行 下味をつけてフライパンで焼く 
肉自体は色も良いし 脂肪も乗りすぎておらず良い塩梅

両面がしっかり焼けたら フライパンに赤ワインを注ぎ入れ蓋をし
しばし蒸し焼きにする ラム肉はいつもはミディアムで食べるのだが
今日はしっかり焼き 更にソースの中でちょっと煮て 完全に熱を
通してみた 一回目のワインは肉の芯まで熱を通す為に入れるが 
二度目のワイン追加はソースにする為のもの その二度目のワインを入れ
アルコール分のみが飛び 水分は残っている状態まで火を入れる そこに
醤油・水少々とともに雪印フレッシュフルーツソース(ブルーベリー)を加え
粘度がつくまで煮詰め 肉にも味を染み込ませる
c0095925_2324171.jpg

ソースをたっぷり絡め お皿に盛ったら出来上がり 付け合せは
インゲンのボイルとラディッシュ なんともワイルドで無骨な見た目の
料理だけど 味は簡単な調理と少ない調味料なのに 驚く程良い
ブルーベリーの甘み・肉汁・醤油がベストマッチで 肉のみならず
付け合せの野菜に付けても サワーブレッドを千切って浸しても
美味しかった 何度食べてもどんな組み合わせをしても やっぱり
私は肉と果実のコラボした味が大好きだ 肉の味を良く知っている
ヨーロッパの人や アメリカ圏の人が好むだけある

機会があったら リンゴンベリージャム・ミートボール・スパゲッティを
混ぜた食べ方ってのも してみたい ただリンゴンジャムは
日本だとあまり見かけないので 作る機会が来ないのが残念。。。
[PR]

by rim27 | 2010-06-28 23:32 | フランス料理(?
2010年 06月 28日

どうぶつの森 村の恵みのランチ

どうぶつの森 果実のおまんじゅう(前編)
『wii版街へいこうよ どうぶつの森』をプレイしていて 思う事が
一つあった それは・・・あの世界って意外と 美味しそうな食材が豊富
という事 フルーツは木からもぎ放題 魚は四季折々に色んなものが
取れて しかも釣りたてを食べられる 貝だってあるし 秋になればキノコも
生えてくる カブは売ってもヨシ食べてもヨシ ヤシがあるのでココナッツ
だって手に入る そんな事を虫取りしながら考えていたが ふと
「村で取れる食材使って ランチも再現できるのでは」と思い付いてしまった

果実のおまんじゅうの時と全く同じパターンだ(笑

メインは何にしようと考えて 真っ先に思い浮かんだのはコイツ↓
c0095925_16315831.jpg

目の端に捉えられた大きな魚影 さてはヒラメかカジキ!?
と釣り糸を垂らすと コイツが引っかかっており落胆する事も多々
売ると全然お金にならない雑魚扱いの スズキである
どうぶつの森では扱いが少々酷いものの 現実世界でのスズキは
フレンチのメインを張れるし 美味しい魚として人気者 本日は
この村では人気薄のスズキに スポットを当ててやりたい
それにプラスして こちらも用意↓
c0095925_16351397.jpg

でーん!殻付きの生ホタテガイ どうぶつの森では海岸に時折
落ちており 自分が食べるのではなく たまに村にやってくる
ラコスケさんが「・・・ちょうだい」と催促してくるので 渡す時に使用
本日はラコスケさんにあげないで 自分で食べてしまう

帆立は殻をスポンジで洗い 殻の間にナイフを入れて貝柱を外す
開けたら中の砂を軽く洗い落とす この時ゴム手袋を必ず着ける事 
生きた元気なホタテガイは たまにバクッ!!と人間の指に
逆襲してくる事があるので・・・ スズキは切り身にしっかり塩胡椒で下味 
ムニエルにするなら粉を叩いておく 今日はソテーなので粉は無し
ホタテはフライパンではなくグリルで調理 上半分の殻を取り
身にバター・塩胡椒・白ワイン・パセリを振りかけて焼いていく
スズキはフライパンにバターを溶かし 皮目から焼いていく
途中でホタテ同様 パセリと白ワインを振りかけて 皮がパリッとなる
まで焼いたら完成 付け合せはアスパラとまるいきのこのボイル
c0095925_16402915.jpg

サラダ・パン・コーヒー・デザートもつけて “村の恵みのランチ”の完成
メニュー詳細は・・・

☆赤カブと白カブとロメインレタスのサラダ
☆スズキとホタテのバターソテーレモン風味の盛り合わせ
☆ソーダブレッド・ハトの巣特製アイスコーヒー
☆食後にチョイスデザート(ドライフルーツ・チョコレート・抹茶のパウンドケーキ)

c0095925_16412815.jpg

前菜がわりのサラダには 赤白二種のカブを使用 売ればそこそこお金に
なるケド 食べてもウマイカブさん達 市販のドレッシングでも美味しいが
オリーブオイル・塩・粗挽き黒胡椒・レモン果汁と和えても美味
c0095925_16451246.jpg

スズキはパリパリに焼けた皮が大事 身も美味しいけど皮は格別のウマさ
ホタテは殻にたまった汁が スズキの皮同様に大事 パンを千切って
浸して食べるのがオススメ
c0095925_1647527.jpg

甘みの無いシンプルな味のソーダブレッドは バターもジャムも
付けなくてもそのままで美味しいし 魚にも良く合う
c0095925_1650089.jpg

食後は三種のパウンドケーキから 一種をチョイス フレーバーは
ドライフルーツ(村で取れる五種の果物入り)・チョコレート・抹茶
このパウンドケーキは マカロン村にあるカフェCatwarkで販売
しているモノ お店HPはこちら
c0095925_171215.jpg

ちなみにテイクアウェイではなく店内で食べたい時は こんな可愛い
ロールケーキのソファセットで食べられる このソファは高額で
店主の自慢の一品 なのでお茶のシミだけはつけないで欲しいと 
心でいつもお客に願っているようだ(笑 ついているコーヒーも 
ハトの巣で売られている 天然水仕立てのブレンドアイスコーヒー(のつもり)
ピジョンミルクは・・・甘くて美味しいって噂だけど 私は入れない(笑

と こんな風にアレコレ揃えて食べたランチは 美味しくて楽しかったので大満足♪
c0095925_16564147.jpg

[PR]

by rim27 | 2010-06-28 16:55 | マンガ・TV等再現料理
2010年 06月 28日

ラカント カロリーゼロ飴

日記を投稿する際 投稿終了画面の上に カロリーゼロ飴モニター募集
の文字を発見 目に入った瞬間「おっ♪飴もゼロカロリー出たのか」などと思い
応募した それからしばし経ち 応募した事も忘れていたが・・・当選していたらしく
本日商品が到着 こういうものはやっぱり嬉しい^^
c0095925_1155366.jpg

ゼロカロリーの表記は 以前にも触れた通り商品自体のカロリーは
ゼロではない だけど他の砂糖を使った商品を摂取するよりも 
大きくカロリーを抑えられるので ダイエット中の人や 
体型維持を気にしている 私のような者にとっては有難いもの
今回送られてきたフレーバーは いちごミルクの味 
c0095925_11581199.jpg

個包装を取り出してみると 小ぶりで可愛いピンクの粒が登場
してお味の方は・・・口に入れると なんだか“ひんやり”した感触
別にメントール成分は入っていないのだが 舐めていると
やっぱりひんやり そしてスーッと溶けていき それが心地良い
いちごミルクの味も上手に再現されており 適度な甘さといちごの香りが
凄く美味しい いちご&たっぷりミルク&砂糖という組み合わせの 
いちごミルクドリンクなんて ダイエット中は大敵と呼んでもいい
シロモノ それを飴で味わえる事は画期的だ 糖分制限が辛い時 
一個口にコレを入れれば ストレスの軽減に大いに役立つだろう

飴やガムは 一度の摂取量が少なく 味が長時間続くので
ダイエットや食事・糖分制限をしている時の強い味方 私は最近すっかり
サボり倒して 体重計は全く変動しなくなってしまったが もう一度
ダイエットを始める際には 次からはこの飴を買い込んでおこうカナ
[PR]

by rim27 | 2010-06-28 12:06 | 市販お菓子・その他色々
2010年 06月 28日

ココアピークッキー二種

数日前 友人が貸していたDVDを返しに家に寄ると言うので
ついでに家でお茶をしようという事になり その時出そうと作ったモノ
ココアピーは 100円ショップなどで良く見かける豆KINGシリーズ
普通にクッキー生地を作り 型で抜いたらココアピーを2~3粒
取り出して クッキー生地に埋め込む それをトースターで焼けば
出来上がり ココアピーが甘いので その分を考慮し生地の砂糖は
控えめにすると いい塩梅の甘さに仕上がる
c0095925_104062.jpg

ココアピーが効いていて美味しかった 友人にも好評
残った分は夫が朝薬を飲む前に食べる おめざとして出した
ピーナッツ好きの夫にも好評だったので 残ったココアピーで
生地にココアを入れたバージョンも製作してみた ココアは糖分の無い
純ココアを使用 形は生地をスプーンですくう ドロップクッキーにして
焼き時間を型抜きクッキーより2~3分多めにし 出来上がり
c0095925_2564825.jpg

クッキーの下の金具は 通販で注文した魚焼き網・・・(笑 単純に魚を
焼くつもりで購入したのだが 箱を開けて取り出した時 これってもしかして
クッキークーラーやケーキクーラーとしても使える??という考えが過ぎり
試しにココアピークッキーで試用する事に するとコレが非常~に良い具合

まさしくクッキークーラーと同じく 上と下に空間が出来るので 
作ったものが速やかに冷め 便利 魚焼き網には使用せず 
今後もコレをクーラーとして使う事に決定 魚焼き網は・・・
まあまたそのうち買えばイイヤ
[PR]

by rim27 | 2010-06-28 01:06 | 菓子・デザート・パン
2010年 06月 28日

夫婦合作白玉おやつ・きなこのクッキー

夫が買い物中「白玉食べたい」と言い出したので 見切り品で安くなっていた
黒大豆きなこと白玉粉を買っておいた 本日は日曜 どこにも特に
出掛ける予定は無いので お昼ご飯の代わりに作ってみるか・・・と思い
台所に立って白玉粉を取り出した すると リビングで寛いでいた夫が
「俺昔作った事あるから 今日は俺がやろうか」と言い出した
夫が作ってくれるのはとても嬉しい でも・・・夫は先日の怪我で 
手にはギプスをしている状態 無理はさせられないので
「手が痛いのに作業するのは大変だから 座ってていいよ」
と断った でも夫はなんだか少し寂しそう
私もせっかくの夫の申し出だしと思い直し 困難な部分は私が
手伝う事にして 夫婦合作で白玉を製作する事に
c0095925_0334567.jpg

まずは白玉粉に水を注いで練る作業 計量カップに水を入れる夫に
「水は少しずつ加減しながら入れてね」 と言おうとしたが 
「水は少しず」と言葉にした時点で 夫はすでにダバーっとボウルの粉に
水を一気に入れてしまっていた(笑 でも最終的にちゃんと綺麗に纏まって
一安心 はじめは夫がヘラで混ぜ 馴染んだら私がボウルを押さえ 夫が
片手で根気良く粉を揉んでまとめ 白玉生地の完成
c0095925_039194.jpg

出来た生地は 両手が使えないと丸められないので 私が成形
作っている途中で気付いたが この形って白玉じゃなくてつみれ(笑
どうも無意識の行動で 丸めているうちに中央にへこみを入れて
しまっていた つみれ型になった白玉生地は 沸騰したお湯に入れて
浮いたらそこから更に二分茹で すくって水に落として冷ます
浮いたものを夫がすくい水を張ったボウルに落とし 私が食器の用意
c0095925_04149100.jpg

味付けはきなこ+三温糖 こしあんの二種を用意 更に抹茶なども
使いたかったが 今日は作った白玉の個数が少なかったので 無し
c0095925_0433780.jpg

きなこがけとこしあん添え それぞれをシェアして食べる事に
まずはきなこから・・・ おおっ美味しい♪♪ モチのようだが モチよりも
滑らかでつるつるしており 歯触りも喉越しも非常にイイ きなこを
吸った表面が ちょっとザラッとなったトコもまた美味しい
c0095925_046325.jpg

でもってこしあん こちらも物凄くウマイ こしあんと合わせると
味が串だんごのようだけど 上新粉ではなく白玉粉なのでちょっと違う食感
どちらもとっても美味しく出来て 大満足のお昼ごはん兼オヤツとなった
c0095925_0495689.jpg

使い切れずに余ったきなこは クッキーに入れて消費してみた
バターの風味ときなこが不思議とマッチして これもまた美味しかった
手が痛いのに一緒に作ってくれた夫に感謝 今度はちゃんと手が完治
したら また一緒に作ろう 
[PR]

by rim27 | 2010-06-28 00:51 | 菓子・デザート・パン
2010年 06月 28日

うずらの詰め物ソテー クリームソース

一度食べてみたかったうずら肉 安く売っていたので二羽程購入
ただ買ったのはメスの内臓入りのモノ 調理経験が無いので上手に
扱えるか心配だったが・・・家に届いた以上は なんとか頑張って調理し
美味しく食べてやらねばなるまい 特に本を読んだりなどの勉強はせず
調理は他の肉でやった事のある 詰め物入りソテーにする事に
c0095925_075150.jpg

袋から出したばかりの肉の写真は割愛 というのも 小さいながらも
頭も脚も内臓も全てついたままで しかも血の量もけっこうなものなので 
写真に写したら思いの外リアルな絵になってしまったのだ・・・(笑 
ぐったりした首 そして目は半開き 体に羽が残り 内臓に至っては 
レバーやハツの他に メスなので卵巣(鶏でいうぼんぼち・ぼんじり)
が体内に一杯 これから育つものも葡萄の房のようにひっついてる
c0095925_011522.jpg

その内臓を取り出して フライパンで刻んだマッシュルーム・香草類・ニンニク・
パン粉などとともにオリーブオイルと塩で炒め 出来た詰め物をうずらのお腹へ
詰めて楊枝で止める こいつをフライパンで表面を焼き 白ワインを注ぎ入れ
蓋をして蒸し焼きし 中までじっくり熱を通す

丸のままお皿に盛る方が フィリングが出なくて良いのだが・・・
夫はうずらの卵は好きでも 私同様うずら肉を食べた経験が無い 
そのままの形で出すと見た目のインパクトがありすぎて 食べられない
かも知れない と思い 今回は頭と脚は包丁で落としてから盛り付け
ソースは肉汁の残ったフライパンに白ワインを注ぎ アルコールを飛ばしたら
生クリームと塩で味付けした そいつをお皿の肉に掛けて出来上がり
c0095925_017392.jpg

付け合せはマッシュルームとポテト 特にうずらの肉汁入りソースを
絡めたポテトは絶品の美味しさだった そして肉自体もクセはさほど無く
これまた美味しい 卵巣は卵の味わい ハツはコリコリ その他に
苦味の強いコクのある部位もあり・・・と 肉のみならず内臓も楽しめる
ただ表面を覆う皮がとても硬いので ナイフとフォークでは食べにくい
手づかみでワシワシ豪快に食べる方が 食べやすくウマイのでオススメ

うずらは卵だけでなく その親もまた美味しいものなのネ 
c0095925_0224861.jpg

[PR]

by rim27 | 2010-06-28 00:24 | フランス料理(?