「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 03月 ( 27 )   > この月の画像一覧


2011年 03月 31日

31日

ここの所 夫の帰宅許可の頻度が僅かにだが増えた。ここにきて三日に
一度は家で眠れるようになっている。だが休暇はまだまだ先。そして
帰宅も午後11時近く 翌日は6時起床なので・・・やっぱり休息には
ならない。切望したお風呂すらも 家に帰り着くとひどく面倒らしく
一度リビングに座るとなかなか立ち上がれない。そんな夫に 最近は
怒鳴られる事が多くなった。結婚して約10年。夫に声を荒らげられた
事は今まで一度も無い。

夫はとても大人しい人で 気性は非常に穏やか。喧嘩も私が一方的に
怒るだけ。だからこそ短気な私とは相性が良いとも思う。どちらも
短気では家が成り立たないが 一方が穏やかで一方が短気だと 穏やかな
方に感化され 短気な方はいつの間にか昂ぶりが収まってしまう。

そんな夫だったが ここ最近は普通の会話の中でも 気に入らないと
怒鳴りつけるようになった。家の事で夫に相談したい事が出来て言うと
「分かったよ」と返してくる。私は喧嘩のつもりじゃなく 普通に
「困ってるんだー。早く休暇が取れれば行けるんだけどね。私一人じゃ
足が無くて」とこぼす。すると夫は・・・

「何日も帰れないし悪いと思ってるよ!!だけどしょうがないだろう!!
もう言わないでくれよ!!俺だって好きで会社に詰めてないんだ!!」

と 受話器越しに驚くような大声で怒鳴るのだ。唖然とする私は もう
言葉が出ない。その代わりに怒りも湧かない。こんな風に豹変する程
夫は疲労もストレスも溜まりに溜まっているのが分かるから。一番良い
のは今はどんな言葉が どんな行動が逆鱗に触れるか全く予測できない
ので極力会話をしない事だ。家に帰ってきたらとにかく風呂と服と食事の
用意をしておき すべて済ませたら速やかに寝室に送る。会話をしなけ
れば夫が怒鳴る事も無い。その代わり 夫婦の会話は全く無い。

切ないが 今は仕方がない。食事の内容も相変わらず乏しい。
いつまで続くのだろう。本当に辛い。お腹の胎児はもう聴覚が発達して
来た頃だが 夫の言葉・・・父の肉声は恐らくまだ 私に投げる怒声しか
聞いていない。早く本来の夫に戻って欲しい。早く元通りの生活に
なりたい。

ヤフーニュースのトップページを見た時 被災地の方の質問が掲載
されており『すきやきが食べたいと思ってしまいます 贅沢でしょうか』
と書かれていた。そこに書き込まれた返答は どれも暖かで優しい。
贅沢なんて事はない そんな事を考えて気を紛らわせる事も必要
早く食べたいものを食べられる日々が来るのを祈ります 私なら~~が
食べたいです などなど。文章を追っていくうちに 私なら今 何が
食べたいかなぁと一緒に考えた。ところが・・・なぜか1個も思い浮かば
なかった。

美味しいアイス?いや 今はいいや。 大好きな牛タタキ!それも今はいい。
野菜シャキシャキの五目そば!それもピンと来ない。

あーあ。普段食い意地が張っているくせして こんな楽しい妄想すらもついに
出来なくなったか(笑 だが1年後には ちゃんと食べたいものがすぐに頭に
浮かんだり 夫の気性が元に戻り てんやわんやの子育てを行う日々に
なっていればいい。なって欲しい。原発のせいで汚れた区域で生活する私達
家族は 健康被害と発病のリスクが付きまとう。数十年後・・・まだまだ
子供の為に自分が居なくてはいけない最中の発症になるかも知れない。または
子供自身が若さの真っただ中で発症するかも知れない。そんな絶望的な
ビジョンは 事実でもあるので頭の中からどうしても拭いされないが
それでも それでも それでも。せめて人間らしい生活を それまでの間に
送りたい。

最近は時折感じる二度目のつわりの他にも オヘソの周りが痒いという症状が
出てきた。昨日はオヘソだけでなくお腹周りが全体的に痒い。妊娠線とやらも
ついてきた気がするが・・・これは以前からのものかも。というのも。。。
私は半年間行った減量で 妊娠もしていない頃からお腹に妊娠線が出ていた(笑
よくダイエット直後は もし何かで死んで検視されたら絶対に
“年齢三十代女性 妊娠経験有り”って結果になるんだろうな・・そうなったら
本人特定遅れるなコリャ とか お腹についたカミナリマークを洗面所の鏡に
映して思ったものだ。それから夫 覚えておけこの野郎。今は心情を察して
怒鳴られても黙って何も言わないが ちゃんと休暇を挟みながら日中のみの
出社になり 疲労も回復したら・・・倍返ししてやる。

と思ったが その頃にはどっちももう忘れてるかな きっと。

  
[PR]

by rim27 | 2011-03-31 09:21
2011年 03月 29日

29日 あらやだ・・・

本日は夫が帰宅でき 一安心。ただ帰る時間が遅かったので 食事は
私が先に食べておき 夫とは時間がずれてしまい共には出来なかった。
原発のニュースは日を追うごとに ㌧でもない情報ばかりが出てきて
恐怖は計り知れない。ただこれ以上気にしても仕方がないのだと
今は諦めるようにもなっている。それよりも今の自分の生活を見よう
そうしないと 心が壊れてしまいかねないから。それに世を憂いて
ばかりでは 心配してくれる人に申し訳がない。そんな心境にやっと
なってきはじめた。

ただ 自分の生活は生活でちょいと変化もあり・・・。これがどちらか
というと困った事なので それはそれで頭がイタかったりも。

というのも昨日と今日 なんだか食事の終わり頃になると どうにも
胃のあたりが重いというか つかえるような感じがし 最後まで食べ切れず
に終わるのだ。つわりの最中でさえあれだけの食欲を誇り 安定期に
なってからも食えるものは食っとけ!とジャンジャンバリバリ食べて
いたってのに。そんな私の食欲が落ちるって こりゃ大ごとだ(笑

そう思っていたら夫が寝る頃になって 今度ははっきりとムカムカを
感じた。バス酔い・船酔い・二日酔い・・・あの喉の奥が「ンガググ」
となるあの感じ。トイレから出て顔をしかめていたら 夫が通りかかった
ので それを伝えてみた。すると夫からは

「Y岡が言ってた 二度目のつわりってやつかな」

という返答が。Y岡さんとは部署は違えど夫と同じ会社勤めで 小学校
からの夫の友人で ご自身は三人の子持ち。その先輩パパさんのY岡さん
に今回の妊娠を告げた日 色々話す中で

「うちの奥さんもつわりが軽かったけど 二度目のつわりがあったよ」
と教えられた事があったそうな。それも私と同じ 十七週前後にだと言う。

ぇぇ~~~~~~~~~~ orz

そりゃあ私はつわりは軽かった。吐く事も一度も無く 匂いに敏感になったり
食べられなくなる物も無く むしろ食欲は増しまくった。ただ食べていない時
特に空腹時の気分不良は それはもう他の妊婦さんとたがわずに けっこうな
モノではあったのだ。胃の腑はズーンとなり ムカムカが渦巻き そのうち
耐えきれずに思わず「ほぇあ!」と ブルースリーのような声が出た。

そして私は 夜にその傾向が特に強かった。今回も夜のがなーんとなく
感じやすい気が。

またですか。「軽かったわい ヘヘ」と油断しきっていた今 またですか。
あれか これ以上体重増えたらヤバいっていう念が通じ 食欲落としてくれ
ようと胎児なりに頑張っていますか もしかして。だとしたらありがとう
おかげで母ちゃん夕飯全然美味しくないし 残しまくってる(笑

と 本当に胎児の頑張りかはいざ知らず パソコンでちょっくら検索して
みると どうやらこの二度目のつわりを感じる人 意外に多いらしい。
原因は(断定的ではないが) 子宮が膨らみ胎児も膨らみ 胃が圧迫される
事によって起こるそうで。知らなかっただけにビックリ。そしてガックシ。
つわりは軽かったが わたしゃ子供の頃それはそれはひどい車酔い体質で
ムカムカの辛さは人の五億倍くらい経験した。

家族旅行に行けば途中で青ざめ 車を止めてもらう。隣に座る姉が心配し
「ここは山の上で空気が良いから 少し一緒にゆっくり歩こう。お姉ちゃん
背中さすってあげるから」と言うのに まるでリストラに遭ったオッサンの
ような顔をし「ダイジョブ・・・すぐ戻る」と返し そこらを一人徘徊。
吐くに吐けずに苦しい思いをし 少し落ち着いては乗車 そしてまた下車
を繰り返し 家族のテンションを大いに落とした。

ある時の日光旅行では ついに口を効く事も上半身を起こす事も出来なく
なる“死人”と化し 東部ワールドスクエアの駐車場で 一人車に居る事と
なった。車が止まってしばしすると落ち着くもので その後一時間は駐車場に
いた飼い犬と遊んで過ごし ワールドスクエアの様子はビデオカメラの中で
見知っただけ終わる 非常に切ない経験もした。

あんだけ あんっっだけムカムカを経験しまくった いわばムカムカの
エキスパートだ。そして軽いながらもつわりももう経験した。なのに
まだってか・・・(笑 もう勘弁してくりょ。

それを訴えたところで治るはずも無く 今も若干のムカムカを感じ
ながら 横にもなれずにパソコンの前に居る次第。

ときに今日 夫はお土産を持って帰宅した。何かと思って袋を覗くと
お寺さんで御祈祷をした 安産祈願のお守りと腹帯だった。これは
夫のお義母さんが戌の日にもらってきてくれたものだそうな。
結婚当初は “あたしのKちゃんを奪いおって・・”と 非常に恨みを
買っていたものだが(笑 孫を思って祈願してくれたお気持ちは素直に
嬉しく有難い。そのもらった袋の中にはお守りと腹帯の他にも ある
ものが入れられていた。それはお米。これは厄除けなどの際にももらう
ものと恐らく同じで 炊飯器で一緒に炊いて食べるものだろう。その包み
を開けた時 夫が
「あ 中に占いのモチ入ってるってさ」と付け加えた。モチ?と思い
聞き返すと 中にモチのちっちゃい断片が入っていて 白なら男児
赤なら女児という占い結果がお米と一緒に入っていると言う。で・・・
c0095925_2104067.jpg

結果は赤。
姉の予感・産科の先生の一応の診断・モチと揃うと 本当になんだか
ヤヤ子が女な気がしてきた。もちろんどちらでも元気なら良い。でも
嫁に行き遅れたら困るな。。。などと つい思ってしまう自分が居る。

お腹から「こんな時期から大きなお世話じゃ!」と聞こえてきそうだが(笑 
[PR]

by rim27 | 2011-03-29 02:19
2011年 03月 28日

28日

十万倍でも一千万倍でも もう一緒だ。どの道解決策も無ければ見通しも
出来なければ きちんとした把握すらも出来ていないって事だけは伝わったよ。
重大な悪い知らせはいつも夜中~未明に報告。怒られるからひっそりとって
お前らは子供か。どっちみち悪い知らせしか出てこないんだし 呆れて怒る
気もならないから みんな寝静まってからじゃなくてもいいよ。
朝起きてすぐにテレビを付けながら こんな事をブツブツ。その後冷蔵庫の
中身のチェック。ここらへんは規制解除がまだ出ていないが 飲料水はもう
ほとんど無い。500mlのペットボトルのお茶が一本。食べ物は野菜は子供の
腕くらいの太さの大根の三分の一と ナスが一本の半分。肉は豚小間切50g。
お米はかろうじてある。

朝は買いおきのカップラーメンを食べるとして これで夕食とお弁当を作らねば
ならない。大根はなるべく生のままでと思い 細く切って大事に取っておいた
ツナ缶と混ぜて 塩胡椒をして酸味を加えてサラダに。ナスは薄切りし豚肉と
炒めてだし醤油とおかかを振って和風の味付けに。この二品の他には味噌汁の
具も味噌もお漬物も卵も何も無いので作りようもないが 米とおかず一品と
サラダにありつけるだけ 有難い。

震災後は食べ物を無駄にしないという思いが強まった。次にいつ食べられるか
分からないという事を思うと 何もかも無駄に出来ない。ナス三本は一週間
かけて少しずつ食べた。大根も同様。それも今日で全て終わりで 冷蔵庫の
中は空。入っているのは調味料とマーガリンだけ。買い物に行きたいが 
その前に今日は役所に 妊娠に関しての書類を申請しに行かなくては。
スーパーと役所は正反対の方向でどちらに行くにしても 私の家からは
歩いて20分~30分程。トホホ(笑 田舎ってのはこれだもんネ。ただ歩く
時間は散歩がわりになるとしても 放射線濃度の濃いここらのエリアを
歩く事が怖い。

のんびりと歩く事が出来る 好きな時に卵が買える 納豆が買える 甘いもの
が買える 水が飲める 人と争わないでスムーズに入手できる。そんな日々が
懐かしい。今はスーパーに水のペットボトルが売られていても 屈強そうな男性
や老人やおばさんが真っ先に群がり 押し合いへし合いして奪うように買って
いくので 私はその中に入れない。この人達だって家族に小さい子を抱えて
いるから 必死なのかも知れないし。ただそれは建前だ。本当はお腹に誰かの
肘でも当たったらと思うと 怖くて奪い合う人の中に入れないのだ。だから
遠巻きに眺め すっからかんになった棚を見てため息をつくだけ。運が良ければ
水ではなく500mlペットの日本茶が一本程度手に入る。

色んな事にため息が出るが 今日は夫が帰宅出来るのが救い。相変わらず
帰宅許可は良ければ一週間に一度 悪ければ取り消しされてしまうのだが
今日は多分大丈夫そうだ というメールが届いた。メールの後来た電話で
様子を聞くと 対策本部には震災直後と変わらず 夥しい苦情が入っている
らしい。ガソリンが届かない事も市が悪いと怒鳴り お前らが買って一軒一軒
に配れ と怒鳴るおじいさんは毎日電話をして来るそうだ。しまいには お前ら
だけ特別扱いでガソリンただで並ばずスタンドからもらってるんだべ 役人ばかり
がいい思いしやがって!!とも。気持ちは痛いほど分かる。でもね 自家用車より
公用車を優先し 一人が交代で三時間並んでやっと制限付きで買えているんだ。
公用車が動かないと市は市民の声で動く事も出来ないから。その公用車だって
給油口を壊されて中身を抜き取られる始末なんだ。だからもう少しだけ待って。
みんなそんな気持ちを押し殺しながらの毎日らしい。

それでも会社の同僚はみんなめげずに仕事に精を出し 同僚は夫と私の
心配をしてくれていると言う。お腹でっかくなってるのに旦那が帰らなくて
奥さん可哀想だな と。上司は特別措置で半日休暇を出すから 交通の便が
悪い上に免許も無い私を 定期健診に連れて行ってやれと言ってくれたそうだ。
幸い健診への足は目処がついたし 誰一人半日休暇など取れない時なのに
ウチばかり勝手に取れないので お礼を言い夫は辞退した。本当は次こそは
一緒に診察室に入り 超音波検査を見たいと切望していたけど。。。そんな
くだらない事は今 とても優先出来ない。でも配慮してくれる気持ちは
とても有難い。だからも少し頑張ろう とも思える。

ただ 付けっ放しにしておいたNHKでは今 ドラマが流れており・・・
妊婦がギャアギャア悲鳴を上げて分娩の真っ最中。その悲鳴が耳に入って
ちょっとだけひるんだ(笑 い 痛いんだべな。。。相当。。。
[PR]

by rim27 | 2011-03-28 13:03
2011年 03月 27日

27日

今日は寝不足で頭がグラグラしながらの起床となった。というのも・・・。
震災直後は 睡眠の妨げはほとんどが余震であり 寝入っても強い揺れに
起こされる事がほとんどだった。が 昨日はちょっと勝手が違い・・・

午前1時半就寝。30分後にメールが入る。相手は夫で この時間は
いつも私は起きている事が多いので 内容は“俺もこれから仮眠する。
りむもそろそろ寝なよ。おやすみ”というモノだった。盛大に耳元で鳴る
メール着信音で起きはしたが 返信はちょっとしんどかったので朝にする
事にし 再び就寝。

午前3時。子宮が押されるせいか最近トイレが異様に近く 夜も尿意で
起きる。一回トイレに行き また就寝。

午前4時。左足が攣って飛び起きる。これは持病の薬の副作用らしいが
夜中にいきなり激痛が起こるので参る。この日も飛び起きて布団の上で
泣きながら正座。5分同じ体勢で固まった後 さすりながら就寝。

午前4時半。今度は右足が攣って飛び起きる。いつもは片足だけなのだが
この日は時間差で両足を襲うミラクルが起きた(笑 攣った部分をさすると
筋肉がギュウと収縮しているのが分かってキモチワルイ。5分正座で固まり
半泣きで就寝・・・しようと思ったら今度は地震。

眠気が完全に去ってしまったが それでもまだ起きるには早いと目をつぶり
頑張っていたら 少し眠れた。

すると夫が夫の実家の一族に手を引かれ 連れて行かれる夢を見た。子供も
生まれるってのに 夫を連れて行かれては困ります 返してと訴えたが
夫の一族は私を睨んでスルー。夫も無表情で行ってしまった・・・。

結局 最後は6時すぎに「寝れるかぁ!!」と叫んで起床(笑
一晩にこんなにイベント盛りだくさんって 寝れるわけが無い。それに
さきほどから猫がせわしく鳴いているのも気になる。もしかしたら窓の
外に野良猫が来て 窓越しに喧嘩でもしているかな?

それにしても夫が去ってしまう夢は 今日に限らず最近になってよく見る。
やっぱり家で連日一人で寝ているせいもあるし 深層心理にニュースなど
の映像が残っているせいだと思う。シチュエーションは違えどいつも同じで
夫が誰かに連れて行かれてしまう夢ばかりだ。これも起きると疲れるので
出来たらもう見たくない。

ってな事を思いながら(3-3)こんな目でリビングに行くと・・・

リビングの至る所が ゲ〇まみれ。

(お食事中の方 および苦手な方は 以下注意)

床に4か所。洗ったばかりの長サブトンの上に2か所。お前はチルチルミチルか。
このゲ〇はなんだ 迷った時目印にでもするつもりだったのか。

朝っぱらからコレの掃除か と肩を落としながら ゲ〇掃除専用チリ紙&ホウキ
を取りに洗面所に行ったら 今度はそこに置いてある 猫トイレがひっくり返って
いた。シリカゲルの砂もウ〇コも 洗面所中に飛び散りまくっている。
どうやら朝から追いかけっこをし 白熱してしまった模様。

もう怒る気力も出ない。いや 猫は基本アホなので 怒っても効力が無いので
怒ってもしょうがないが・・・。睡眠不足 両足ちょっとまだ痛い ゲ〇掃除
やらないといけない 便所直さないといけない また長サブトン洗わないと
いけない いらん仕事が盛りだくさんで涙が止まらない。

今全部掃除を終え ついでに洗濯の終わった衣類を室内干しして ひっと一息。
料理に使う水までの分をミネラルウォーターには出来ない。したい所だが
膨大な本数を 今は売り切れの為買い置く事が出来ない。なので料理には仕方
なく水道水を使うしかないが 直接飲む分はせめてと思い 買う事の出来た小さい
ペットの水や お茶などを飲んでいる。今もその買い置き三本のうちの一本を
飲んでパソコンの前で日記を更新中。

水と空気の汚染は致命的だ。古代から現代に至るまで 生物の命に直結して
いるから。水も空気も無ければ人はすぐに死ぬ。だがそれ自体が命を危険に晒す
ものになってしまうとは 何ともやりきれない。専門家は基準値は日本は世界に
おいても厳しく 今の状態で吸っても飲んでも差し支えないとは言っている。
それに人間は日常様々な機器からも 大地からも宇宙からも放射線を浴びて
生きている。それでも それでもやっぱり “差し支えありませんよ でも
乳児妊婦は避けてね”という勧告の中では 安心など出来るわけは無い。
原発が完全に静まるには10年以上の期間を要する。汚染された土壌はそれ以上の
時間を掛けても もとには戻らない。毎日これについて怒っているが 怒っても
しょうがないとは申せ何て事してくれてんだよ という気持ちは抑えられない。

それに比べたら・・・バカ猫の所業など 可愛いものかも知れない。
面倒だけど 元に戻す事が簡単だもんネ。。。
[PR]

by rim27 | 2011-03-27 10:45
2011年 03月 26日

26日

本日は検診日。ガソリンが手に入らないし電車も計画停電が
あればダイヤが乱れるので行けるか分からなかったが なんとか
無事に病院まで行く事が出来た。相変わらず予約検診なのに待った
時間はモノ凄かったが・・・やはりガソリンの影響だろうか 人が
いつもより少なく感じた。病院のある場所はかなり東京に近い都市
なので 電車の便も良いのだが この病院には産科が周りに無い
遠方からの患者も多い。なのでやはりガソリンが無い事には動けない
人も多いのだろう。今回当たった先生は(残念な事に四月で異動して
しまうそうだが)説明を良くしてくれる優しい先生だった。にしても
この病院の先生は 総じて若い。みんな30歳前後の先生ばかり。
やっぱりそこそこの歳になると 開業するからカナ。

相変わらず夫が帰らず 原発だ余震だと不安ばかりの毎日だけれど
お腹の胎児が「順調です」と言われた事が大きな救いとなった。
ダウン症に関わる首の太さ・脳や手足の指などの欠損も無く
外見に関する異常は全て見当たらず 胎児そのものの大きさは
他の子より少し大きいくらいだそうだ。さすがつわりの時期もアホの
ように母が食べまくっていただけ あるのだろうか(笑

肝心な性別は胎児の体勢のせいなのか 今回ははっきりと判明は
しなかった。が 先生は「僕が見る限り オマタに何も無いように
見えるんですけどね。でも断定できません。次回のお楽しみです」
との事。まだ私自身の病気の遺伝は分からない。羊水検査という手を
使えば 遺伝子情報で病気の発症がある程度判明するものの 金額が
凄い上に上の子がダウン症だったりといった例があったりしない限り
受ける事が出来ない そして検査の際に胎児を傷つけるリスクもあると
言う。それが判明しないのは不安が残るものの・・・外見的な異常が
見当たらないという言葉だけでも とりあえずは一安心する事が出来た。

できたらこのまま順調に、本当に順調に生まれて欲しい。それには何より
原発が静まってくれる事が一番。とはいえ 私の住む地域の水と大気の
放射線量は 原発の近くよりヘタをすれば高い数値の事もあるし 土壌も
汚染されてしまっている。この地に家と仕事を構えている私達夫婦は
ここを離れる事が難しい。その土地を人災で汚された事は何よりも
残念で恨めしい。ただ今は そんな土地でも少しでも影響を受けずに
健やかに育って欲しいと思うのみ。思うしかない。
c0095925_17282857.jpg

歩いて行ける近辺は飲食店も閉まり 店にも何も置かれていないが
病院の近くにまで来ると もう東京が近いせいもあって 飲食店は
通常営業をしており 土曜の人出はいつもと変わりがない。建物の
倒壊も全く無く平和そのもの。その街で 今日は久しぶりに外食。
これだけついていて1000円という格安ランチだが 煮物も天ぷらも
実に丁寧な作り。ただ鮪の刺身だけは私は箸を付けずに置いた。本当は
好物なんだけどなぁ。。。一応控えた方が良いものは 避けねば。

帰りに家と病院の中間地点にあるスーパーで食品も見て帰ったが 
とちおとめがなんと200円で売られていた。通常であれば500円
~800円のブランドいちごで 色つやも最高のものなのに。これも
風評被害のせいだ。その他には やっぱり棚にはものが無い。買おうと
思っていた中華スープのモトもワカメも納豆も 何も買う事が出来なかった。
ついでに卵はパック260円。ヤレヤレ・・・。

とにかく 子供が順調という事だけでも良しとせねばいけない。でもまだ
心から笑う事も 他の事に興味を持つ事も やっぱり出来ない。しようと
思っても気が完全には向かないのだ。例え大好きな分野であっても。
そんな日々を代弁するのに ビートたけし氏の言葉は的確だった。

お笑いを楽しんだりテレビを見て笑えるのも 全て家があって生活が
順調だから出来るんだよ。落ち着く場所も無く 今後の生活の目処も
立たない人らには どうしたって無理なんだ まだ。

こんな事を言っていたが 本当にその通りだと感じる。私は壊れた
とはいえまだ家があり 自宅被災なので大分マシだ。それでも不安が
大きく圧し掛かっている生活の中で どんなに高名なアーティストが
歌を歌って震災を慰めていても 面白いバラエティが放映されていても
やっぱり心に余裕が無い限り楽しめない。家を失くし 愛する人を
亡くした被災者はなおの事だと思う。そんな事をついつい テレビを
ザッピングしながら思ってしまった。今私に必要なのは アーティスト
の励ましの歌よりも 日記を書いたり “普通の毎日”に近い事に
触れる事なのかも。少しづつでも 色んな事が戻って欲しい。
もう戻らないものも残念だがある。それでも。なお思う。
[PR]

by rim27 | 2011-03-26 17:39
2011年 03月 24日

ケーキと小物入れ

※日記のコメントに いつも励まされ勇気を頂いております。にも関わらず
荒みまくった文章に時々なってしまい ダメだなぁと思う反面 今しばらくは
仕方が無いか・・・とも思い 毎日その両方の考えを振り子のように行き来
している日々です。ですが書くと落ち着き 頂いた言葉を読み頭をリセット
する という事が出来ています。そのリセットした後の落ち着いた心が
長く続いてくれるのが一番なのですが・・・やっぱり昼間一人でいると
どうしてもだめですね ちょっと反省です。コメントを返せない事もありま
すが 頂いたお言葉には本当にいつも感謝しきりです。いつもお越し下さる方
も目に止まって読んで下さった方も ひとえに心からありがとうの心境です。

*****************************

今日は夜 実家に姉から届いた荷物を取りに出かけた。我が家は狭いのと
出産後は一カ月ほど実家で過ごすつもりなので 赤子が使う物は
あらかじめ私自身の自宅ではなく 実家に送ってもらった。荷物には
産前に必要な物・産後に必要な物・赤ちゃんに必要な物が手紙とともに
分けられて入れられていた。腹帯もマタニティウェアも哺乳瓶も産着も
全部ある。それに後からベビーバスやゆりかごベッドも来る。本当に
助かる。ただ 姉は私よりはるかに体が細いので マタニティウェアは
ギリッギリ入るという体たらくだった(笑 なので本当にダイエットし
少しでも体重落とさねばイカン。。。
c0095925_23135032.jpg

その荷物の中に 姉の手製の手芸品も入っていた。ミニバッグと小物入れ
それからミニミニバッグの三点セット。ミニバッグは近所の買い物に
財布と携帯を入れて持ち歩き 小物入れには鍵を ミニミニバッグには
印鑑を入れて使うつもり。姉と私は以前も書いたが この辺が正反対だ。
姉は作ろうと思えばウエディングドレスの一着も短時間で一から作れるし
編み物は得意中の得意。だが私は尻のやぶれたスボンすら繕えない(笑
体型も正反対。でも好きなものは同じで 笑いのツボも同じ。
それを思うと やっぱり姉妹なのだと感じる。ただ裁縫が得意なのと
細い体型も 出来たら姉に似たかったとも痛烈に思う・・・(笑
c0095925_23182729.jpg

帰り際 今日は父母は遠出をしたらしく 美味しいお店のケーキを
買ってくれており土産にもらった。普段から「もう私にはエサは与えないで。
与えたら与えただけ今は制限なしに食べちゃうから。これ以上太ったら
本当に分娩が大変になる・・」と言ってはいるのだが それでも母は
行けばあんみつを出し ケーキも買ってきてくれる。甘いものを
くれる事を困りながらも それも愛だと感じてやっぱり嬉しくなる。
近所のケーキ屋さんは軒並み閉まっており 車で遠出をしないと
今では買えない。だからこそ娘の分も買ってくれる事が有難い。

届いた品物とケーキは どっちも家族の優しさの塊だ。気が滅入る事
ばかりで毎日暗い気持ちで過ごしてばかりだが 今日は少しだけ
気分が回復。それだけではなく・・・友人と短時間だけでも話す事も
日記を書く事も 頂いたコメントを読む事も 全て心の均衡を保つ
素となっている。地震や津波の復興も 原発の事態収拾も 土壌汚染も
水質汚染も 今は全て先の見えない状態で 心はやっぱりふとすると
沈むが・・・その中でも感謝だ。全てが有難い。
[PR]

by rim27 | 2011-03-24 23:35
2011年 03月 24日

24日

日記の更新も戸惑う。毎日家の中から出ず過ごしており 書ける事が
同じ事しか無いから。夫が帰らない・余震が収まらない・水も大気も汚染
され内部被ばくは確実・燃料は一回入れられても次の分が無い・水や
食糧を買いに行きたくても 徒歩でこの体で買い物に行っても 重いボトル
をいくつも抱えて歩けないので 行っても意味が無い・買い置きの飲料は
飲んでしまっており 毒と化した水道水を飲む他に無い。

内容は数日代わり映えがない。山とお金があり 夫が仕事を変えられる
状況ならば ここには一秒たりとて居たくなく 西に逃げたい。せめて
子供を産むまでは。だが夫の仕事はその地域に根付く仕事であり 家も
街も捨てる事が出来ない。どんなに汚染されても。

本来ならば 膨らんで来るお腹を夫婦で眺めつつ 将来の事を話し合い
出産への準備をゆっくりと備えられたはずだった。自分の生活が死を呼ぶ
放射線に塗れるなど 微塵も思っていなかった。余震が来るたびに心臓を
握られるような収縮を覚え 机や棚を押えて怯える事も 微塵も思って
いなかった。私だけじゃなく誰しもだろう。
原発は悪いが人災だ。東電は津波でこうなったのだから 自分達の非は無い
という姿勢でいるし 政府も「はいはい一生懸命やってますよ」という姿勢
だが 被害は津波のせいであっても その後の対応は東電に非だらけだろう。
隠蔽を繰り返したりリーダーが逃げている政府も同じく。

放射線の健康被害はゆっくりで 目に見えてくるのは数年・数十年掛かる。
その頃には誰にも訴えられない。東電も政府も「は?俺ら関係ないし」と
胸を張って言える。悔しい。

結局同じ事しか書く事が出来ないので 書いてる意味すら無い。
笑う事はすっかり忘れてしまった。音楽を聴く事もバラエティを見る事も
楽しい事を考える事も 何もかも忘れてしまった。毎日やるのはテレビで
原発関連と 今起こった余震の震度を確かめる事と 暗い未来を想像する
事だけ。甲状腺疾患のある上被ばくした自分と ここより原発に近い社屋で
働き被ばくした夫と 私を通じて被ばくした子供三人の 灰色の未来。

エックス線の半分ですよ~ 一時間にだろ?二時間に一回エックス線写真
撮ったら一日で体はどうなるんだよ

基準値以下ですよ~ だから何だよ 普段の数値から少しでも上がってるなら
それを飲まないといけない義理なんか無いんだよこっちは

何分の一ですよ~ 水で死ぬほど洗った後計測してるくせに 農家も酪農家も
国民の生活も これで何もかもめちゃくちゃだよ

どこにも吐けない 吐いたとて吐きたい相手には一切届かない言葉だ。
届いたとしても耳を塞がれる。

ACのCMが鬱陶しいから抗議の電話をする? そんなところを気に出来るだけ
心に余裕があって羨ましいや。

お買い物出来ないし困りますぅ こっちは家との往復どころか 仕事中社屋と
被災現場の間を移動する為のガソリンすら無くて困ってるんだよ

別に困ってないんですけど なんか買いだめはしておいた方がいいのかなって
おばさんよ そのせいで被災した場所にも 妊婦や子供にもそのお陰で水も
物も届かないんだよ 被ばくは中年老人より若い者の方が影響が大きいんだ
でも困ってる子供はお前の血縁じゃないもんな 関係ないよな(笑

洋服の上に豆腐とバナナ置いて梱包して発送?気持ちは有難かろうが
もう少し考えてからやりなよ 贈ったあんただって 処理の手間といやがらせ
をしたくて贈るわけじゃないだろう?
それでも人に何かしようという 行動をするだけ偉いかも知れない。私は今
とても出来ない。家が壊れたまま修繕の目処はつかず 人に分け与える
どころか 自分の水にも食糧にも日々事欠き 汚染水を飲み 手に入れた
野菜と残った米を何日もに分け煮炊きする生活。ここには人の助けの手
は一切入らない。入らなくてもなんとかギリギリでやっていけているので
構わないが 悪いが自分の事で精いっぱいで 更に人の為にやれる物も
金も 心の余裕も無い。 

こんな事しか思えない。荒みきっている。通りがかって目を通してくれる人
にも申し訳ない程荒れた文章だが 日記が日々思う事を書く場所だとするなら
毎日同じ事 荒んだ考えしか書けないのが紛う事無き現状。
今は『よーし負けないぞぉ!』も『楽しい事考えよっと』も 微塵も出ない。
 
[PR]

by rim27 | 2011-03-24 09:44
2011年 03月 23日

23日 

帰宅した夫の入浴・食事を済ませ ついさっき寝かせた。今日は
いつもより少し早く帰宅出来たので 午後11時前後に休ませる事
も出来た。明日持たせるお弁当のオカズの用意も 服の用意も終えほっと
一息。が ほっとしたのは夫が家で就寝したからばかりではなく
・・・猫が再び逃走したが 無事帰って来たせいもある。先程まで
は右往左往 家事をしながら気が気でない時間を過ごすハメになった。

というのも日が落ちた後の事 我が家にご近所の町内会のおばさんが
やってきたのだ。いつもは猫をリビングの中に(玄関に通じる扉は
鍵をつけてある)入れて施錠してから玄関ドアを開けるのだが
おばさんは豪快にうちの玄関のドアノブをがっちゃんがっちゃん
やっており「いるぅ~?あら鍵してるのけ?」などと叫ぶ。それに
焦って急いで少しだけドアを開け応対しようとしたら おばさんは
自らガッバーーと玄関ドアを全開にしてくれた。廊下にいた二匹は
それを見て脱兎の如く外に出て 私は「くぇfgひゅjふじk」と
悲鳴にも似た声を上げた(笑

おばさんは悲鳴の原因は分かっていない。というのも・・・この辺りに
数十年 又は先祖代々住んでいる人々には 施錠をする事と猫を完全
室内飼育する事という どちらの習慣も根付いていないから。玄関に
施錠する事は珍しいし 猫が外に行くのも当然の事なのだ。でも
ウチは違う。。。お陰でおばさんの話が頭に入らない。入ってもまあ
むしろそんな事わざわざ一軒ずつ回って話さないでいいYO!とツッコミ
たい程度のものだったが(笑 新参者のくせして態度が悪い と思われて
は適わんので 顔だけはマジづらで対応。その後探しに出るも 城から
出られたラプンツェル姫のように 猫二匹は目を輝かせてお外から
帰らない。仕方が無いので玄関ドアに靴を挟み帰りを待った。国道が
近いので 車に轢かれる事が一番心配。

結局数時間遊び呆け 何食わぬ顔で泥だらけのネッチョリした毛で
二匹とも帰って来たので まあその 良しとするか。。。

その土地には土地の習慣があり 添わねばならぬと分かってはいる。
でも施錠をしないという事だけはどうも 添うわけにはいかないなぁ
と思うのだ。そして夫の実家はもっと凄い。ここから車で一時間の場所
だが その辺りは皆 泥棒が何度入っても決して施錠をしないのだ。
実は夫の実家自身も二度入られている。君らはムスカか と
思わずツッコミたくなる。「無施錠という風習は何度でも蘇るさ!」
ってか・・・。夫に「泥棒だけじゃなく変な人とか暴漢とかが
入ったら 妹さんの就寝時とか危なくないかね」と言ってみたが
「そういう風習だから・・・」と 別に危機感は無いらしい返答が
返って来た事がある。

それは置いておいても地震・放射線の他に 猫がアホですぐ逃走する
という苦労まで負う事になって なんだかとてもヤレヤレだ(笑

地震といえば 福岡に住む友人と電話で今日は少しだけ話しもした。
友人は実家に帰って両親に会いたいが 親には来るなと言われている
らしい。親御さんは今余震と原発問題の終わらぬ関東に娘が来るより
はるか西の地に居てくれる事を望んでいるのだろう 当然だ。
友人自身もその気持ちが分かるだけに 余計にやきもきすると言う。
そのうちお互いの近況報告をし合い 私が「余震は最大でまだ5強で
11日の6弱ほどは来てないからね」と言ったら・・・
「りむのトコ 確か6弱じゃなく6強だったよ?」とツッコまれた。

家が壊れて半泣きだったが むしろウチのクソぼろく細長い
家がこの震度で全壊しなかった事は 奇跡だったのかも(^^;)

ついでにロケットニュースというサイトのリンクから 震災直後
のテレビの放送を見てみた。このエリアは揺れの最中停電が起き
復旧は大分後だったので 緊急放送が見られなかったのだ。
いや 見られたが・・・回した瞬間 NHKのおじさんがダイナミック
に揺さぶられている一瞬の絵しか見られなかった。改めて見返して
地震発生から津波警報が出され 到達するまでの早さを痛感する。
「大津波警報が出されています!海岸には近づかないで下さい!」
停電もしたろうし これをテレビから聞けた人は 震源近くで
何人居ただろう。そしてアナウンサーが叫んでいるさなかに 津波は
すでに到達しても居たと思う。津波の高さも予想の三倍以上。逃げる
暇は皆無と言っても過言では無い。毎度書いている気もするが
本当に今回の震災は 何もかも 全てが人間の想定を超えていたのだ
と強く感じる。

一通り動画やニュースをチェックして お茶を一口飲んで思い出す。
そろそろ寝室に行こうかと思っていたが 仕事が一個残されて
いた事を。ぬかるんだ泥の上を歩いてから猫が入って来たので
玄関に梅の花(肉球跡)がいっぱい咲いたままなのだ。リビングの床と
猫自身の足は拭いておいたが これからまた雑巾絞って床拭きだ。orz
[PR]

by rim27 | 2011-03-23 00:22
2011年 03月 22日

22日

今日はガソリンを量制限付き・缶入りでならば買えそうだ と夫から
連絡が入った。だが帰宅は何時になるか分からないという。夫は
地震発生から一日も休めておらず その間の帰宅許可は二回。
そのどの帰宅も やはり時間は夜遅い。お風呂に入って食事をすると
もう食事の最中から居眠りをしている。箸を手から取って 船を漕ぐ夫を
座らせたままで髪を乾かす。すると時間は二時。引っ張るように寝室に
連れていくと 夫はベッドに倒れ込む。寝入る夫の枕元に携帯電話を
運んでドアを閉める。まともに会話もままならない。翌日は6時起床。

はっきり言って 帰宅が休息になっていない。それでもパイプ椅子に
座ったままで二時間のみの睡眠 後は全て業務という過酷な日よりは
ずっとマシだと言う。丸一日の休みは 二ヶ月後になるか三ヶ月後に
なるかは分からない。

いつまでこんな日が続くのだろう。余震は相変わらず酷く 震度3~5弱
は今では何とも思わなくなってしまった。我が家は免許所持は夫のみで
家の駐車場も狭く二台の車がそもそも所持出来ない。その上の田舎住まい
なので 夫が会社に詰めっぱなしになると 私の行動も同時に制限される。
あれを買うには車で40分のあの店 これを買うには車で一時間のあの店。
そこにしか売っていないので 行けない以上は買えない。そもそも今は
何もかもがこの町に入って来ないので同じ事だが・・・。とにかく一刻も
早くこの生活から抜け出したい。夫が休暇が無いまでも 夜は毎日自宅の
ベッドで眠れる生活をして欲しい。地震と放射能に怯えない生活に
戻りたい。そんな小さい希望すらも 今は
“これらは過ぎた贅沢なのだろうか・・・”などと感じる。

今日は買う事の出来た大根・もやし・水菜一束・白菜ハーフカットと鶏肉
少々で鍋を煮るつもり。鱈の身も帆立も入れたいが それらは手に入らな
かった。が 会社にいる日はほとんどカップ麺とコンビニのおにぎりしか
食べられない夫に 家ではせめて野菜だけてもたっぷり食べて欲しいので
野菜は多めに煮る。が 鍋といえども卓上鍋ではなく 取っ手付きの
アルミ鍋で煮る 実に味気のない代物。卓上に鍋を乗っけてのんびり煮て
などいられない。その間に強い余震が来れば 鍋の中身をかぶってしまい
かねない。だから台所でいつでも即座に火を消す事が出来 鍋からすぐ
遠ざかる事が出来るアルミ鍋での調理を選んだ。

調理中も 風呂の中でも余震は襲う。台所ならば鍋の中身をかぶらぬよう
急いで離れられるが 丸裸の入浴時は肝を冷やす。窓ガラスが割れたら
素肌にかぶるし 外にも逃げ出せない。何をするにも怯えながらで
緊急地震速報の度に心臓が痛い程ドキッと収縮する。絶対に胎教に良い
わけはないので 本当に参る・・・。

最も頭を痛めるのは やはり原発。廃炉を渋る東電さんの気持ちも分かる。
大損こくだろうし その後の対応だって大変になるもんね。だから海水注入
渋りまくってあげくの果てに爆発→放射能&放射能たっぷりガレキ散乱→
燃料棒溶け溶け→作業する人員も国民も大迷惑 ってコースになっちゃった
んだもんね・・・(苦笑 だけど 本音はもう電気料金上がろうが夏に停電が
起ころうが 廃炉にして欲しい。夏の暑さと放射線汚染は比べるに値しない。
利益を優先するが故に 人々にこれ以上間接的攻撃をするのはもうやめて。
いや 利益だけではないかも知れない。東電さんなりに原発が一個滅びた
状態の日本の今後を案じての事かも知れない。それでもやはり・・・

言ってしまえば もう鉛の鎧でも身につけて私が自らコンクリ車を乗り
つけてやりたい気分だ。ついでに安全圏から下請けさんや自衛隊や消防隊に
指示だけしている東電役員さんのトコにも行き 一人ひとりに渾身の肩パンチ
の一発も見舞いたい(笑 大気だけじゃなく 水に怯える生活はもうたくさん
だから。風呂の水の果てまでおフランスのミネラルウォーターが一生使える
セレブじゃあないから 本当にいい加減にして欲しいのだ。

と あれこれ気を揉み怯え 気が重く楽しい事に一切気が向かない毎日
ながらも 時々は一年後の事などにも思いを馳せる。
「あの時は大変だったね。でもやっとここまで来られたね」その台詞を
言えるようになるだろうか と。言いたい。言って笑いたい。
震災のあった日から 一度たりとも笑ってないから。
[PR]

by rim27 | 2011-03-22 17:24
2011年 03月 21日

20日

昼頃テレビを付けると 約十日ぶりに救出された16歳の少年と祖母の
ニュースが大々的にやっている。(ホンジャマカ恵氏の番組で)
お父さんの許可のもと インタビューを受けているのだが・・・。
オトン もう少しだけ息子を休ませてあげてからでも良かったんで
ないかね。。。彼は凄まじい恐怖と寒さの中に居て まだ心だって
落ち着いていないはず。こればかりは個々の考え方で 彼のお父さんは
お父さんなりの判断をした末の事だろうけど 私が彼の親だったら
しばし扉の前に仁王立ちし マスコミには「あともう2~3日お待ちを」
と繰り返してしまうかも知れない(^^;)が 何にせよ助かって本当に
良かった。

その後夫からメールが届く。添付ファイルには夫の会社近くの街の様子を
携帯で撮影した画像があった。
c0095925_13542185.jpg

c0095925_13543292.jpg


み 道が・・・。この道は夫の通勤以外にも 休日の買い物にも利用して
いた道だ。いつも利用していた場所の震災後の風景を こんな風に一枚の絵
として切り取ってみると なんだか凄味が増す気がした。東京の被害状況も
酷い。そして浦安は液状化が凄い。のんびりとした田舎町も整備されて美しく
飾られた都会も 今はどこも皆同じとなってしまった。
一様に道が隆起して割れ 建物が崩れかけ 棚から物が消えている。
いつか元通りになるかな。いや 絶対になると思わないとナ。

今日もフランスパンが昼食。ジャムも何も無いので 僅かに残っている
ココアの粉末を トーストしたパンに振りかけて 今日は一個残っていた
ティーバッグで紅茶を淹れて食べた。こうして温かい紅茶にすぐに
有りつけるだけでも 今は有難い。今日は野菜も冷蔵庫にあるので
生野菜の補給も出来る。今日はパンだけじゃなく かいわれ大根+大根
千切り+ホールコーンのサラダを作って添えた。今まで家で一人で取る
食事は買い物がままならないので 僅かに有ったカップ麺や缶入りパン
などの非常食も多様していた。が 体の為にはまず野菜を取らねば。
野菜はあまり好きじゃないが 久しぶりに食べられると何でも美味しい。

・・・と思って口にサラダを運んだら 二秒後火を噴いた(笑

かいわれが目ん玉が飛び出る程辛い。そして大根も辛い部分だった為
相乗効果で暴君サラダと化していた。

束の間のゆったり気分の昼食は 一気に我慢大会と化した。
[PR]

by rim27 | 2011-03-21 13:51